ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

いつまでこの我慢大会を続けるのか

そもそもコロナウイルスをあんまり気にしていない人の意見。

炎天下でマスクをしたり、自粛したり、我慢したりして、辛い思いに耐えたところで、必ずしも幸せな未来は待ってないと個人的には思う。辛い思いや我慢をした先に明るい未来も、楽しいことも、幸せも、必ず待っているわけではない。今辛い思いをしても、この世からコロナウイルスなくならないと思う。

***

往来がなくなって経済が冷え込めば、空港の維持、鉄道の維持、バスを作る会社の維持、鉄道車両を作る会社の維持とか、こんなのがだんだん厳しくなっていって、経営が統合されたり外資に乗っ取られたりしていく可能性もまぁまぁあるのかなと思う。当たり前にあるものなんで今までなんとも思っていなかったけれど、ほぼ全てのインフラの開発、建設、維持、運用を自前でできている国ってのは結構珍しくて、経済が冷え込んでいってそういうのを少しずつ手放していくのって単純な国力の衰退につながるんじゃないかと思う。

「コロナ怖い」をポンプで膨らませて、余命幾ばくの老人を守るのも、感情論的に悪くないと思うんだけれど、その人たちの残りの人生って今後の日本の主権とか国力と天秤にかけて余りあるものなのかと、最近そんなことが疑問なんである。

***

感情的に不安を煽るのを見ていて思うのは、もう少し科学的に落ち着いて議論できないのかと思う。テレビのコメンテーターもだいたいいつも同じ人なので、あの人たちはきっとマスコミに都合の良いことを言える人たちなんだろうと思っている。