ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

仕事で炎上して大爆発した話

老害は早く消えてほしいと思ったので、不満や愚痴。

 

ちょっとしたことで本社(米国)の技術部に問い合わせをしたところ、それがなぜか我が社(日本法人)の役員の逆鱗に触れ炎上し、未だに鎮火できていない話。

 

私が疑問を本社にぶつけた当日に、私の上役(部長と役員)に「おい!あいつの教育はどうなってるんだ!なんなんだあのふざけたメールは!」と電話をかけて回ったらしい。

 

ここから炎上スタート!

 

  • 上司に私のメールを転送しチェックしてもらうが全く問題がないため、なぜあんなに怒って炎上しているのか理解できなくなってしまう。
  • その後、社長にまで私が呼び出され事情を説明することとなったが、説明を聞いた社長もなぜここまで炎上しているのか全く原因が理解できない。
  • 今度は私のところへ件の役員から直接電話がかかってきたのだが、なぜ怒っているのか意味が分からない。一人で一通り怒りをぶちまけて、電話を切られてしまう。
  • そもそもそんなに大きな問題ではなく、ユーザーはまったく気にしていない。内容を説明に行ったところ「まぁ、いいですよ」と言ってくれているほど大したことないのに、社内で炎上して収拾がつけられなくなってしまっている。
  • 私の上司から社長まで含めた上役と話す場を設けたところ、「メールのCCにあいつが入っていた」と気に入らない人が入っていたのが原因のようだ。
  • そんな糞みたいなことで炎上し爆発したが、組織としても鎮火させる目処が一切立たなくなって、役員の怒りの矛先も次から次へと違う方向に切り替わっていき益々収拾がつかなくなっている。
  • その後社長に飲みに誘われて、改めてその話になったときには「あぁ、参ったなぁ。またいつものあれか・・・」と本気で頭を抱えていた。

 

私の仕事は「営業」なので納期の調整や伝票処理、会議資料作成などの「内向き」な仕事ももちろんあるのだけれど、基本は客との折衝や納期や検収条件の決定、仕様の決定等の「外向き」な仕事がメインである。このような意味の分からない「内向き」な仕事に無駄な労力を割くほど暇ではないのである。

 

従業員に本来の仕事をさせていないという点で、私はその人は役員失格だと思っているので「声がでかいやつがマージャンで勝つ!」を地で行くような性格の人なんで、誰もその人に何も言えなくなっているという現状もある。

 

今回の仕事での炎上に思うこと:

  • 役員という上の立場の人が「誰が仕事をしているか」とか「誰と仕事をしているか」という好き嫌いで人や仕事を判断するな!仕事の内容、その仕事が生み出している利益や将来性で判断しろ!
  • 人を怒るときに怒鳴ったりがなったりしていると怒鳴られた側の相手は委縮してやる気をなくしたり、ミスを繰り返したり、その人との仕事を避けるようになる。数多くの人が働いているという会社という組織のメリットを全然生かせなくなってしまう。「怒鳴る」という行為には何のプラスもないと思っている。
  • ちなみに本社の人と私のコミュニケーションの間にその人が入ってきて全てをぐちゃぐちゃにかき回してしまい、社内での「終わり」が全然見えなくなっている。
  • 一言で言うと「老害引退しろ!」である。

 

いつものように好き勝手書いて終わり

スポンサーリンク