ちょっと、俺

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

かめはめ波、舞空術、二重の極み

【スポンサーリンク】

こんばんは。

 

今日は節分らしいですね。あんまり意識してませんでした。恵方巻きもすっかり社会的な立場が上がってきたなと思いますが、我が家では食べません。海苔巻きが好きなんで、別に恵方巻きも嫌いではないんですが、どうでもいいだけです。

 

***

 

子供の頃の話。

 

85年生まれの僕はバリバリのドラゴンボール世代だ。水曜日の19時から始まるドラゴンボールが本当に楽しみだった。再放送も何回も見た。

 

そんな僕の子供の頃の話。

 

1. かめはめ波

物心ついたときにはすでにドラゴンボールは放映されていたので、いつ始まったのかというのはよく知らない。幼稚園ではすでにドラゴンボールごっこをやっていたし、幼稚園の年長くらいですでにフリーザが登場していたのは覚えている。

 

まぁいいや。

 

子供の頃の僕は、かめはめ波は打てると思っていた。

 

マジで。

 

真剣に気とかためてたし、練習もしてた。

 

できた試しはないんだけれど、それは自分の修行が足りないんだと、真剣に思っていた。

 

小学校4年生くらいの頃に、できないと悟った。

 

2. 舞空術

かめはめ波はできないと悟った小学校高学年に入りたてくらいの僕に、新しい技が現れる。

 

舞空術だ。

 

テレビのドラゴンボールはすでにセル編だったと記憶している。

 

すげぇ普通っぽい女の子のビーデルさんが、悟飯から舞空術の手ほどきを受けている。

 

で、なんと、できた!

 

おいおいおいおい、普通少女のビーデルさんでもできるのに、俺にできないわけないじゃん。ご飯がビーデルさんに教えたのと同じようにやれば、舞空術なんて俺にだってできるんじゃねぇ?と、小学校高学年にして考えた。

 

浅はかだ。

 

案の定、できない。

 

やっぱり、漫画は漫画なんんだなぁ〜と、悟った。

 

 

 

3. 二重の極み

二重の極みはドラゴンボールじゃなくてるろうに剣心の話。

 

小学校高学年で、あれほど丁寧に手ほどきをされていた舞空術はやっぱりできなかったので、漫画と現実の境目に気付き始めてきた。

 

そこへ、二重の極み登場。

 

確か中学生くらいの時。

 

理論まで説明されているし、なんかできそうだし、やってみる価値はありそうだな。

 

かめはめ波とか舞空術とかより、普通っぽい技だし。

 

練習しました。

 

やっぱり、できなかったけどね。

 

所詮漫画の技なんだよね。

 

***

 

と、僕と年齢が5歳前後しか変わらない人は、多分同じような技を練習して育ってきたと、勝手に思い込んでいます。

 

男の子なんて、そんなもんだなんだよ。

 

***

 

漫画の技で他にも練習した技は他にもいくつかあります。

 

・音速拳

言わずと知れた愚地克巳の代表的な技ですね。身体中の関節を全て同時に加速させて、音速の拳を作り上げる。あの花山薫を葬った技です。逆バージョンの剛体術ももちろん練習済みです。

 

・握撃

これも練習してみました。高校生の時握力が人よりも強かったのでいけると思ったんですが、できるはずないですよね。

 

 

 

思い出したら追記したいと思います。

 

終わり。

【スポンサーリンク】