ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

英語の話

なんか特技があったりとか特別頭がいいというわけではなかったんだけれど、高校生の頃に一念発起して英語の勉強を始めた。大学でも英語を勉強して、就職してからも「外国行きたいです!」みたいな顔をして仕事していたら外国に行くような仕事をアサインされることが多くて、仕事でいろいろな国へ行った。

海外とのやりとりが多いという経験を生かしながら外資系企業に転職して、今4社目。外資系企業と言ってもピンキリだけれど、平均よりはいい賃金をもらっていて、色々な経験ができているのは高校生の時に英語を勉強して、それがたまたま続いたからだと思っている。

「一目置かれたい!」とか「いろいろな経験をしたい!」とか思うのなら、英語を学ぶというのは最も手っ取り早い方法で、日本人は国民性として外国語が苦手なので、少し英語を理解できるだけで一目置かれたり、いろいろな経験ができたりする。英語によって受けられるこういう恩恵は多分俺の子供が就職活動をするくらいに薄まることはあっても、なくなることはないと思う。

一目置かれて経験がうまく積めるようになれば、もっといい賃金の仕事へ転職して行ったり、面白そうな仕事をもっとふられるようになるかもしれない。俺は外国に行きたがりタイプなので海外へいく仕事を振られたりすると喜び勇んで海外へ行っていたし、外資系企業に勤めたりしているのも、それが俺にとって「面白そうな仕事」だったからで、外国に行きたくない人にとっては「苦痛」に変わるのかもしれない。

市内では下から数えたほうが早い高校に入って、大学も5流の私立大学でも、それでも割と自分が高校生くらいの頃に思い描いた「あちこちいく仕事」ができているのは腐らずに英語を勉強したからだと思っている。有森裕子さんではないし、そんな大したことを達成していないけれど「自分で自分を褒めたいと思います」

終わり