ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

大人の愛情とマイルドな貧困

あんまり行きたくいないんだけれど、保育園で仲良くしている友達がいるので週末に遊びに行く公園の話。大陸の子とか、日本人の子とか、インド人とか、スラブ系とか色々いる仲で個人的に最も厄介だと思っている「親と一緒に遊びにこない10歳以下くらいの子」の観察の記録。

正体不明の子供

うちの子の友達は全員親と一緒に来ているので心配ないんだけれど、3〜7歳くらいで休日の夕方に公園で一人で遊んでいる子供もまぁまぁいる。「嘘だぁ!?」と思う人は、親の教養があるしっかりした地域に住んでいる人。

5〜7歳くらいである程度コミュニケーションのできる子になってくると、見知らぬ大人である我々に割と絡んでくるし、うちの子が友達と遊んでいる時に知らない間に仲間になっていて「あの子誰?」みたいになっている。親を知っているとか、挨拶したことある人ならある程度相手してあげるんだけれど、親は見たことないし、土足で他人の間合いに入ってくるような子がまぁまぁいる。

親の素性も、子供についても何もわからない正体不明の子供である。

正体不明の子が遊びに紛れ込んでくる

親と一緒に来ない3歳〜7歳くらいの子って、とにかく大人に絡んでくる。俺が自分の子と遊んでいても、お構いなしで割り込んでくる。自分の子供とボール遊びしていればボールを横取りして割り込んでくるし、肩車していれば「自分も!」とねだってくるし、鬼ごっこしていれば知らない間に割り込んでくる。マジだよ。

「俺はお前らなんか知らないし、怪我もさせたくないし、泣かせたくもないので、一切相手にするつもりはない」という雰囲気全開でもお構いなしで大人に絡みついてくる。「親は?」と思っても、もちろんそんなものはどこにもいない。「相手にしたくない」以外の回答がない、野良キッズが一定数いる。

野良キッズの求める愛情

俺は無愛想の塊なんだけれど、自分の子供を肩車したり、「喉渇いた」と言えば自販機で麦茶を買ってあげるし、お出かけすればなんか買ってあげたりする感じでまぁまぁ子供には甘い。

野良キッズどもは「あの子はお父さんに自販機で麦茶買ってもらった」「あの子はお父さんに遊んでもらっている」「あの子は楽しそう」と言うのを目ざとく見つけて優しそうな親の元を狙って、絡みついてくる。俺は自分の子供と知り合いの子供以外は全員を無視するので、そこまで消耗しないけれど、俺よりも甘いお父さんは全然知らない子の相手をしてヘトヘトになっていることもある。

個人的には「この子たちは同年代の子が両親と遊んでもらっているのが羨ましいんだ」と勝手に思い込んで納得している。平たく言えば愛情不足で、多分自分の両親というかそれに相当する大人に構ってもらいたいし甘えたいからなんだと思っている。大人からの愛情が不足しているから、それをよその大人に求めているんだと思う。

多分、俺の考えは正解だと思う。

時々マジでやばい奴がいる

この前公園に行った時の話。

10歳くらいの女の子が6ヶ月くらいの子のベビーカーを押しながら、我々の方へ近づいていくる、いろいろ話しかけてくる。あたりを見渡しても親に相当する人は見つけられない。

「あ、これやばい奴だ」と思って、俺は一切関わらなかった。優しいお母さんたちは相手しているけれどどこかで「やばい」と思ったようで、まぁまぁ距離を置いていた。

  • 栄養補給が母乳かミルクか母乳でしかできないような子を10歳かそこらの子に預けるのが異常
  • 「頑張ってる私」を多分誰かに評価してもらいたいので、大人のところにくる

多分、理由としてはこれで十分だし、子供育てたことある人ならこれがどれくらい異常なのか多分わかる。言語化できない「なんかやばい雰囲気」が全開なんである。

多分こう言うのが貧困とか虐待の入り口

これを言語化できればもっと利益出せるんだけれど、ボケーっと見てたおっさんの感想は「多分こう言うのが貧困とか虐待の入り口」と言うこと。10歳くらいの女の子が生まれて間もない子供のベビーカーを引いているのって多分テレビで見る貧困とか虐待の話と紙一重の話なんだと思う。

「頑張っている自分」をなんとか評価してもらいたいから、近くにいる赤ちゃんとか子供を連れている親に無理やりにでもかまいに行こうとする。多分、自分の親には労いの言葉もかけてもらえなければ、感謝もしてもらえてないと思う。極限状態の貧困ではなくて、マイルドな感じで貧困(多重債務とか)で、親からの愛情に飢えていると、なんとなくそんなことを思っている。

このまままっすぐ育つのか?

このまままっすぐ育てばいい大人だろうけれど、まぁまぁ荒れていた俺の中学校時代を思い出すと「あの先輩は今はグレてるけれど、小学校時代はよく一緒に遊んでいた」という人が大半なんである。

親からの愛情が飢えていた自分たちの姿を公園にいる子供に投影して自分たちなりの愛情で遊んでいるのか、子供にマウンティングして自分の立場を誇示しているのかは知らない。

けれど、今、公園で親と遊べずに「愛情に飢えている」と感じられる子供たちがまっすぐ育つのかは心底疑問だし、そう言う子と距離をおくと言うのも人生の中では大切だろうなと思っている。

子供との時間はしっかり確保していますか?

俺は平日は微妙だけれど、土日はまぁまぁ子供との時間は確保できていると思う。自分の子供に「一人で公園行って来な!」とか「下の子の面倒みておいて!」とか、そういういい加減な丸投げ、していないですか?子供は多分、大人が思っている以上に、大人と遊びたいし、大人の愛情に飢えていると思う。

 

終わり