ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

寝る子は育つ

 中学生の時の話。

 

夜9時くらいに寝るのだけれど、どうしても朝起きれない。

 

夜8時くらいに寝ても、どうしても朝起きれない。

 

大体7:30頃まで寝ていて、母親に起こされる、というのがパターンだった。

 

学校には8:30までに行かないといけないんだけれど、ギリギリか遅刻のどっちか。

 

学校までは走って20分くらいだったと思う。

 

朝起きれないことに怒った父親が「もう起こさないでいい」と言って、平日なのに朝10時ころまで寝ていたこともある。

 

親や先生からはだらしがないと、いつも怒られていた。

 

給食を食べるんだけれど、一人分じゃ足りないので二人分食べていた。

 

夜ご飯も二人分くらい食っていた。

 

牛乳は毎日一リットル以上飲んでいた。

 

家に帰ったらまずは牛乳を一リットルくらい飲んで、寝る前にも飲んでいた。

 

部活の柔道部は練習がきつくて、夕方4時くらいから夜の7時まで毎日練習していた。

 

土日の休みもなかったし、練習量は先生の機嫌で決まっていた。

 

どう考えてもオーバーワークだった。

 

そんな中学時代だった。

 

150㎝/50㎏で入学した、180㎝/75kgで卒業した。

 

急に体がでかくなった反動はものすごく大きくて、こんだけ食って寝ていたのに、貧血や不整脈には随分悩まされた。

 

骨が伸びる音は聞こえなかったけれど、体をでかくする準備なのか、心臓が追い付いていないからなのか、夜寝る前は心臓の鼓動がものすごく強くなっていた。

 

貧血が改善したのは高校2年生くらいの時で、なんかの検査で血液を抜かれたときに「普通より優秀な数値です」と言われたのを、今でも覚えている。

 

***

 

本の学校って成長期の子供に必要な睡眠や休養は何も考えてないと、大人になった今になって振り返るとよく感じる。

 

子供の頃は先生や親くらいしか身の回りに大人がいなくて、大体両者のいうことは正しいと思って生きている。そういう人たちの言葉に疑問を呈したり、正面切って間違ってると言えるようになるのって、高校生とか大学生くらいになってからだ。

 

中学生の頃、私は朝起きられなくて両親や先生から「だらしない」とかいつも言われていた。当時は大人からだらしないと言われていたので、自分は本当にだらしないと思っていた。

 

けれど、成長期ど真ん中の中学生がものすごいスピードで成長していくのに必要な睡眠や休息を大人の物差しで「だらしない」一言で断じていいものなのかどうなのか、もっと成長期の子供目線に立って子供と向き合ってもいいんじゃないかと、今更ながら思う。

 

朝起きれないことであれほど怒られていた私も就職して、30歳を超えて、今では誰にも何も言われずに、毎朝7時に起きて会社に行っている。

 

当時の私はだらしなかったのかと言われるとそんなわけではなくて、成長期に必要な睡眠をまっとうに取っていただけで、そこを大人の物差しだけで人間性まで否定するくらい叱りつけなくてもよかったんじゃないかと、時々思う。

 

おしまい

主役とおばあちゃん

おばあちゃんが来ています。

 

ただいま3週間目に突入。

 

私の娘(2歳)は日本語しか話せません。

 

おばあちゃんは日本語がわかりません。

 

「おはよう」くらい?

 

おばあちゃんは娘と過ごす時間を大切にしたいという希望を出し、娘は今週に入ってから保育園を休んでおばあちゃんと留守番をしていますが、娘はあまりおばあちゃんになついていません。父母が近くにいるときでも、おばあちゃんには近寄りません。

 

朝、妻と私が仕事へ出かける段になると、狂ったように泣き叫びます。ある程度娘のご機嫌を取ってから仕事へ行くのですが、なかなか通用しません。

 

ちょっと観察していて気付いたんだけれど、おばあちゃんは自分が主役になって遊びたいようです。しかし、娘は自分が主役になって遊びたいので、その辺のバランスがうまく取れないようです。

 

おばあちゃんは大人なんだから、子供を主役にして遊んであげればいいと思うのですが、その辺は理解できていないようです。どうしても自分が主役になって物を動かそうとしてしまいます。

 

子供や孫との距離って、難しいよね。

 

おしまい

間違えてると思うこと

世の中にはびこる「間違えてるな」と思うこと。

 

・きつく当たったり叱ったりしてばかりで、誉めない
→よくできたことは誉めましょう。

 

・叱って伸ばす
叱られて伸びる人はあまりいません。

 

・仕事で楽をすることは甘え
→最小の効率で最大の効果を生むように考えなくてはいけません。そこに意味の分からない精神論はいりません。

 

・給料やボーナスは苦痛の対価
→給料やボーナスは労働やパフォーマンスへの対価であって、苦痛の対価ではありません。

 

・厳しいことが正しい
→厳しくするための厳しさは、ごみくずのような思想ですので、ゴミ箱に捨ててください。

 

・代わりはいない
→代わりなんていくらでもいます。

 

・休みを取るなんてとんでもない
→程よく休みを取って休養したほうが良いです。

 

・話しかけにくいのが威厳・偉さ
→話しかけにくい人は組織には不要です、早くいなくなってください。

 

・失敗にはペナルティや降格人事
→失敗にペナルティを与えると委縮する人もいます。結果だけを評価するのではなく、プロセスも評価し、なぜうまくいかなかったのか一緒に考えましょう。

 

長時間労働が偉い
→定時に仕事をこなして帰る人が偉いのです。

 

・仕事中や練習中に笑顔はいらない
→辛い時こそ笑顔です。

 

・やめたやつは負け組
→自分の人生にマイナスになると思ったら、さっさとやめるべきです。

 

・とりあえず3年続けろ
→成果がいまいち出にくい語学や研究をとりあえず3年続けるのはいいと思いますが、つらくてやめたいとか会社行きたくないとか思っている人にその理論は当てはまりません。精神や肉体を壊す前にさっさとやめましょう。

 

・お金は額に汗して手にするもの
不労所得というものがあります。額に汗して働いて手にするお金も大切ですが、若いうちに不労所得という考えを持つことは大切です。

 

・まずは日本語をしっかりしてから英語
→まごまごしているうちに他の学習者との間に超えられない壁が作られます。「日本語も英語もしっかりやる」のが大切です。

 

・俺の若いころの話
→時代も何もかも違うんだから、お前の若い時の武勇伝はいらない。時代を見ながら物を話せ!

 

***

 

ごみくずのような精神論がくっついた非合理的な思想はなくなって然るべきです。

 

おしまい

小銭貯金を開封した話③

今年3度目の小銭貯金開封です。

 

前回は4月30日に開封しているので、約3ヵ月ぶりの開封です。

 

いつものVosgesの空き容器にたまっている小銭を開封します。

 

f:id:shinjin85:20170717103819j:plain
いつもの容器です

 

f:id:shinjin85:20170717103859j:plain
中にはこんな感じで小銭がたまっています

 

ぶちまけます。
f:id:shinjin85:20170717103942j:plain

 

数えます。
f:id:shinjin85:20170717104054j:plain

 

500円は500円貯金箱に放り込んでしまったので、数えていません。

 

いつものように50枚一巻きにしてまとめていきます。

 

合計は:
1円 x 134枚 = 134円
5円 x 67枚 = 335円
10円 x 134枚 = 1,340円
50円 x 59枚 = 2,950円
100円 x 213枚 = 21,300円
合計 = 26,059円

 

今年通算で既に10万円以上たまっているので、やはり小銭貯金の力は偉大です。

 

ある程度まとまったらまた金貨にしようと思います。

 

500円は別に100万円貯金箱に入れています、ようやく半分くらいまで到達しました。

 

それでは今日はこの辺で。

 

メタルバンク100マンエン シルバー

メタルバンク100マンエン シルバー

 

 

人が居つかない会社

会社に15年くらい勤めた事務の女性(30代後半)が退職するそうな。

 

会社に8年くらい勤めた事務の女性(30代前半)も、昨年末にやめました。

 

私の勤めている会社は輸入商社で、ちょっとした英語ができて貿易の知識があれば務まる仕事なんで、すごい高度な資格とか別に必要ありません。

 

けれど、やめるのにはそれなりの覚悟があったんだと思います。

 

「何年も勤めて、社内外含めて人間関係も固定されていて、仕事の内容もよくわかっている」

 

ストレスもあるだろうけれど、新しいことへの挑戦が少なくて、あっても経験や知識をもとに対処できる、仕事の内容が見えていて、居心地のいい職場を離れるのってそれなりの覚悟がないとできないことだと思います。

 

新しい職場へ行けば、前職で得た知識や経験は役立つかもしれないけれど、全部は役に立ちません。社内外の人間関係は一から構築し直しです。キャリア採用なので知識や経験を買われているんだろうけれど、そこで使えないと言われて切られるリスクだってあります。

 

自分が作り上げた職場の中での環境を捨ててでも、リスクを取って新しい職場に行くのって、それくらいその職場が嫌だったとか魅力がなかったとかいうことなんで、その暗い職場への魅力が薄れているんだと思います。

 

残っている自分がどうやって魅力的な職場にするのか、それなりに考えなくてはなりません。一応、中間管理職になり始めてきたし・・・。

 

おしまい

ディズニーランドと資本主義

今度ディズニーランドへ行くので、色々予約したりしているんだけれど、ディズニーランドって下手な海外旅行より金がかかるんだな・・・。

 

最後にディズニーランドに行ったのは、中学校の修学旅行です。その時が最初で最後なんですけどね。

 

www.tokyodisneyresort.jp

 

今回の人数は大人4人+子供1人(2歳)

 

来日している妻の母の希望でディズニーへ行くんだけれど、子供連れで通勤電車に乗りたくないとか、ちょっとした特別な体験とか、そういうのを考えてディズニーホテルに泊まることにしました。

 

ディズニーホテルって確かに高いんだけれど、公式のサービスにしっかり対価を支払う人はいいサービスを受けられるという点で、ディズニーって資本主義をしっかり体現していると思います。

 

「金は払わないけれどサービスは受けたい!」というせこい考えには一切ついてこない、いい意味で公平なディズニーには好感が持てます。

 

今回私はアンバサダーホテルに泊まるのですが、アンバサダーホテルの宿泊による特典がいくつかあります。

 

アンバサダーホテルに泊まる人の特典:

・開園15分前に入場できる「ハッピー15エントリー」

・パークへの入園保証

・シェフミッキーでの朝食(有料)

舞浜駅(ウェルカムセンター)からホテルまで荷物を運んでくれるサービス(無料)

・館内での限定土産購入

・アメニティ(ディズニー仕様)の支給

 

バケーションパッケージとかを取ったり、ランクの高いホテルに泊まると、さらに特典が増えます。

 

これを安いとみるか高いとみるかは、個人の自由だと思うのですが、「ちゃんとお金払ってホテルに泊まった人」に対して、少なくともディズニーなんてなんとも思っていない私でも「そこそこ恩恵あるな」と思わせてくれます。

 

逆に、少ないお金を払っている人が同じような恩恵を受けていたら、「二度と行かねぇ」と思うか「ホテルなんて二度と泊まらねぇ」と思います。

 

資本主義が生み出す公平なサービス、対価を払った人には然るべきサービスを提供してくれる、ディズニーのコンテンツはどうかとして、資本主義のあるべき姿としてディズニーランドには大変な好感が持てます。

 

ちなみに、5人で総額15万くらいかかります(うち1人は3歳未満で無料)。

 

2人なら近場の海外行けるし・・・。

 

おしまい

おばあちゃんが来た話

おばあちゃん(妻の母)が来た。私の家は国際結婚なので、妻の母は日本人ではない、日本語は「おはよう」くらいしか知らない。私の娘(2歳)は日本で生活して、家の中でもほぼ100%日本語を話して生活しているので、おばあちゃんの話していることはわかるようだけれど、しゃべることはできない。

 

いつもは日本語を話しているママが、日本語ではない言葉で話してくるのがいやらしくて、小さいながらも結構反抗している。おままごとセットのリンゴをもって「リンゴ!」と言ったものの、ママが「Apple!」なんていうもんだから怒ってしまい「Appleじゃない、リンゴだよ!」と言っている。

 

小さい時から定期的にネイティブな発音の外国語を聴いて育っているためか、娘が言う「Apple」の発音は通じるレベルでしっかり完成されている。

 

おばあちゃんと話すのに日本語が通じないのはわかっているようで、ママに助けを求めたり、一所懸命おばあちゃんと話そうと外国語に取り組んでいる。けれど、ママが外国語を話すのは納得できないようで、必死に抵抗している。

 

友達のベルギー人曰く、「ベルギーはバイリンガル政策でオランダ語とフランス語のどっちも小学校1年生から勉強するんだけれど、私はオランダ人が大嫌いでいやいや取り組んでいたらオランダ語は一つも覚えなかった(※1)」と言っていた。

 

2歳になる娘も多分一緒で、嫌がったりする中で無理矢理外国語に取り組ませようとしたりしていたら、きっと本当に外国語が嫌いになってしまうと思うので、楽しくゆっくり取り組んでいければいいなと思っている。

 

※1:その人の個人的な感情であって、ベルギー人すべてがそうではないと思います。私は個人的にオランダ人の友人もいるし、オランダは好きです。

 

 

【関連記事】

www.shinjin85.net

 

【広告】