ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

【映画】『黄金のアデーレ 名画の帰還』

『黄金のアデーレ 名画の帰還』という映画を見て、色々調べたのでまとめます。

 

あらすじ

オーストリアユダヤ系名家出身のマリア・アルトマンはナチスに奪われた後、オーストリア政府の所有となっているクリムトの名画「黄金のアデーレ」を奪還するために若手弁護士のランディと組んでオーストリア政府を相手取り法廷闘争を繰り広げ、名画を奪還するという実話に基づいた話。

 

詳しくはWikipedia先生に何でも書いてあるので、どうぞ

黄金のアデーレ 名画の帰還 - Wikipedia

 

実話に基づいた話なので、もちろんモデルがいるので、その人たちについてちょっとだけ調べてみました。

 

Maria Altmann (マリア・アルトマン)

この映画の主人公ですね。映画ではヘレン・ミレンが演じています。

 

1916年2月18日 - 2011年2月7日 (満94歳没)

 

オーストリア生まれのユダヤ人で、ナチスの迫害からアメリカに亡命し、ロサンゼルスでその生涯を閉じました。黄金のアデーレのモデルとなった人物Adele Bloch-Bauerの姪っ子です。

 

Mariaの叔母であるAdele Bloch-Bauerの旦那は砂糖の商人を営み、大変な金持ちで多くの芸術家のパトロンとなっていました。パトロンを行っていた中の一人にクリムトがいて、叔母をモデルとした絵「黄金のアデーレ」が描かれました。

 

Altmann家はオーストリアでは繊維業を営んでいたようですが、会社はナチスに没収されてしまいます。アメリカへ亡命しロサンゼルスに住み始めたころ、当時アメリカでは取り扱いのなかったカシミヤのセーターの販売を開始し財を成します。

 

映画の中でも服屋さんを営んでいますね。

 

旦那(Fredrick -Fritz- Altmann)は1994年に亡くなっています。

 

Randol Schoenberg (ランディー・ショーンベルグ)

1966~

 

マリアと組んで名画を取り戻す弁護士です。

 

映画の中ではさえないような面もありましたが、プリンストン大学卒業のエリートです。1988年に卒業しているので、ストレートで入って、ストレートで卒業しているスーパーエリートです。

 

アデーレの絵を取り戻した後は、ナチの時代に没収されて所有者のもとに帰っていない芸術作品を奪還することを専門とする弁護士事務所を開設しているようです。また、大学の講師なども勤めているようで、今ではとても裕福な生活を送っていると容易に想像できます。

 

子供は3人いるので、絵画を取り返した後にもう一人できたようですね。

 

絵は全部でいくらで売れたの?

一番気になるのはこれでしょう。私もこれが一番気になって調べました。

 

  • Portrait of Adele Broch-Bauer (黄金のアデーレ) = 135million USD = 1億3,500万ドル
    約135億円
  • Adele Broch-Bauer II + ほか4点の絵画 = 192.7million USD = 1億9,270万ドル
    約192億7,000万円

全ての絵画を合計すると、327.7億円と、途方もない数字になります。

 

面倒くさいんでレートは全て1ドル100円です。

 

弁護士はいくらもらったの?

弁護士の顧問料は40%だったようですので、ザックリ130億円くらいの大金を手に入れたようです。映画の中では子供が生まれるの借金漬けだったり、小さい家に住んでいたり、ぼろい車に乗ったりしていますが、人生全部使っても使いきれないくらいのお金を手にしています。

 

その大金はどうなったの?

  • ロサンゼルスホロコースト博物館の拡張に一部を寄付 (マリア & ランディともに)
  • マリア・アルトマンファミリー基金の創設 (マリア)
    メジャーリーガーとかがよくやる相続対策のファンドだと思います
  • 慈善団体や公共団体への寄付 (マリア)

ランディのお金の使い道はあまりはっきりされていませんね。

 

絵画は2006年にマリアさんの手に返され、2011年にマリアさんはなくなっているので、裁判を引き延ばしされていたら本当にマリアさんが亡くなって所有者がうやむやのままになっていたかもしれませんね。

 

裁判が終了したときには90歳目前です、そのパワーとバイタリティもすさまじいものがあると思うし、年寄りをだますような人がいなくてきれいに終わったのもよかったと思います。

 

映画の感想

映画ではオーストリア人が妙に悪く書かれています。私は個人的にオーストリア人の友人がいるし、オーストリア人のおっさんに無駄に親切にされて以来親オーストリアです。映画と割り切ったとしても、オーストリア人は見ていていい気分しないでしょう。この映画を見たからってオーストリアを嫌いにならないでください。

 

というのが、私からのお願い。

 

映画自体はナチス時代の混沌や今の平和な生活が対照的に描かれていて、うまいコントラストだと思いました。車に乗って逃げるときと、飛行機に乗って逃げるときは、手に汗握るというか、映画館で観たら迫力すごかったと思います。ちっちゃいキンドルの画面でもすごい迫力でした。

 

ロスの描写は全体的に平和に、落ち着いて、描かれていました。

 

ヘレン・ミレンさんの演技も素晴らしく、すっかり見入ってしまいました。「大女優すげぇ」というべたな感想しか思い浮かびません。ジョークやウィットにも富んでいる、快活なおばあちゃん役が見事にはまっていたと思います。

 

最後に裁判で勝ったときは、涙しそうになりました。

 

 

おしまい

あと10年くらいしたらレンタルビデオ店てなくなるのかな?

アマゾンプライム』で色々な映画を見まくっています。

 

年額4,200円で色々な映画やドラマが見放題なんで、レンタルビデオ店なんてそのうちなくなるんじゃないかと思います。プライムだと誰かが借りていて見れないとか、そういうレンタルビデオで有りがちなことはありません。

 

あんまり映画を見ないので、レンタルビデオ店のカードも持ってないし、家の近所にもないので、私にとってはレンタルビデオ店はもともと「不要」でした。しかしレンタルビデオよりも気軽にアクセスできるところに映画がたくさん用意されているとついつい見てしまいます。

 

コストを気にしないでいいし、気になったシーンは簡単に巻き戻せるので、なんかしながら見たりしています。料理しながら、酒飲みながら、テレビ見ながら、映画だけを集中してみるということはあまりありません。

 

なんでもプライムで見られるわけではなくて、お金を払わないと見られない映画ももちろんあるんですが、それでも350円とかで借りられるので、借りに行って帰る手間とか、延滞料金の恐怖を考えるのなら、アマゾンで借りたほうがいいですよね。

 

アマゾンではAVを見ることができないので、レンタルビデオ店に需要があるとすればAVだと思います。しかし、それも、対面でAVを借りるよりはネットで入手すればだれにも顔を見られずに借りることができるので、やっぱりレンタルビデオ店の需要はなくなるような気がします。

 

プライムで最近見た映画

 

釣りバカ日誌シリーズ】

釣りバカ日誌

釣りバカ日誌

 

 『釣りバカ日誌』 1~20まで全部見ました。20の頃にはもう三国廉太郎が限界でしたね、スーさんは釣りにもいってないし。5くらいまでは大企業の社長というオーラ全開だったし、釣りにも行っていました。1の後に20を見ると、キャストの老化が気になるので、順番に見ていくことをお勧めします。

 

 【黄金のアデーレ 名画の帰還】

 何年か前の三井住友カードの会報で紹介されていて、妻が映画館まで見に行ってました。オーストリアは随分悪く表現されていてかわいそうですが、映画は素晴らしい映画です。ナチスドイツに奪われてオーストリア所有となったクリムトの絵画を巡って、アメリカに亡命した女性と新米弁護士がオーストリア政府を相手に法廷闘争を繰り広げる物語です。

 

アメリカの法廷闘争関連の映画って、なんかかっこいいですよね。

 

『黄金のアデーレ』はヘレン・ミレンのが素晴らしいですね。

 

おしまい

大人と子供の「遊びに行く」の違い ~酒飲みの場合~

子供の頃「遊びに行く」とか「〇〇君ちに行く」と言えば、その通り遊びに行っていた。

 

20歳になって酒を飲むようになって、大きくこの言葉の変わった。

 

  • 遊びに行く = 飲みに行く
  • 〇〇君の家に行く = 〇〇君の家で飲む
  • 出かける = 外で酒を飲む
  • 買い物に行く = 酒を買ってくる
  • 飯食いに行く = 飲みに行く
  • デート = 男女で酒を飲みに行く
  • 旅行に行く = 旅先で酒を飲む
  • 友達に会う = あって酒を飲む
  • 用事がある = 酒を飲む約束がある

 

ダメだなぁ~。

 

東京近郊に住んでいて、都内で働いていると、もれなくみんな電車で通勤しているので、会社帰りに一杯飲んで帰る機会もよくあります。定時後に一杯ひっかけるのって、下手すると車の維持費よりも高くつくんではないかと思っています。

 

酒が飲める体に生んでくれた両親には心底感謝しています。

 

おしまい

貴乃花親方が正しいと思う理由

貴ノ岩の件でたたかれてますね、貴乃花親方。

 

私はどう考えても貴乃花親方が正しかったとしか思えません。弟子のことを考えるのなら貴乃花の取った行動は正しい行動です。

 

相撲協会に黙って刑事事件にして、相撲協会内の審議や然るべき手続きをすっ飛ばして、協会以外の団体に裁いてもらうと判断したんじゃないかと、個人的な推測です。

 

これまでも様々な事件を巻き起こしている大相撲です。

 

私の記憶にある限りでも:

 

 

ここ10年~15年くらいの間でこんだけ問題を起こしていますが、一つの事件が解決されるとまた別な事件が起こります。相撲協会の内部には自浄作用は一切ないというのを露呈しているようなものです、それならば刑事事件にして相撲協会とは全く別の組織に真実を暴いてもらって、法に基づく処分を受けさせると考えれば、協会に黙って立件した貴乃花が正しいとしか思えません。

 

番付が全ての大相撲で横綱と平幕が喧嘩して相撲協会内で裁けば、横綱日馬富士の方が平幕の貴ノ岩よりも正しいというのは火を見るよりも明らかです。真実を暴くのは相撲協会ではなく、警察に任せるべきです。

 

ということで、私は相撲協会に任せずに警察に任せた貴乃花が正しいと思っています。

 

おしまい

『柔道部物語』という漫画について ~超個性派五十嵐監督~

柔道漫画の金字塔『柔道部物語』

 

柔道部物語(4) (ヤングマガジンコミックス)

五十嵐監督という個性派監督

柔道6段で元オリンピック候補選手(大本命)という、県下では無敵クラスの先生です。その経験をもとに三五たち岬商業柔道部を最強のチームへと育て上げていきます。

 

この監督の練習方法や発言の一つ一つがぶっ飛んでいて、おもしろいんですが、的を得ているのもまた事実だと思います。それと、天才で根性なしというのも、また好感が持てるところです。

 

それでは、五十嵐監督の指導方法や発言を見てみましょう。

 

1.「笑う門には福来る」

f:id:shinjin85:20170311124045p:plain

『柔道部物語』小林まこと

 

なんと、寝ないで考えた練習方法が「笑う」ことです。

 

しかし、この五十嵐監督の練習方法、最近では効果が証明されていて実施しているアスリートなども多いそうです。難しい顔で集中するだけではなく、笑ってリラックスすることも大切ということです。

 

2.「みんな!!オレをめざせぇ!!」

f:id:shinjin85:20170311124528p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

 高校2年でインターハイ団体と個人の2冠という偉業を過去に成し遂げた五十嵐監督。インターハイ一回戦を突破した部員たちへ飛ばした檄が「みんな!!オレをめざせぇ!」という信じられないものです。

 

高2でインターハイ団体と個人を制覇するって、かなりの偉業です。

 

この後五十嵐監督の先輩が現れ過去の五十嵐監督のサボり話をされてしまい、気まずくなった監督は雲隠れをします。そういう、一流の柔道家なのに人間臭いところが好き。

 

3.「柔道が得意だった」

f:id:shinjin85:20170311125451p:plain

f:id:shinjin85:20170311125517p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

先日部員といった合宿では腹筋も腕立ても何もできなくなるほどなまっていたのですが、部員の中で一番強い鷲尾は一切歯が立たず五十嵐監督にコテンパンにされます。その後の五十嵐監督の発言が、的を得ているし、逆にぶっ飛んでもいます。

 

「腹筋や腕立ては現役時代から得意じゃなかった。柔道が得意だった。」

 

「練習しなきゃ強くなれないけど、練習を競い合っているわけではない。」

 

「他人がどうやったら強くなるかなんて知るわけねぇだろ。」

 

指導者として「他人がどうやったら強くなるかなんて知らねぇ」という発言はどうかと思いますが、「練習を競い合っているわけじゃない」とかは的を得ている発言です。自分勝手でいい加減な指導者ですが、技は本物です。ここから五十嵐監督との乱取りで部員はどんどん力をつけていきます。

 

4.俺ってストロングだぜ!

 

あまりにも有名な指導方法です。

 

自信をつけるのに、「いちばんてっとり早いのはてめえでかってに思い込むことだ!!」

 

f:id:shinjin85:20170311131201p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

その結果の指導方法が、これ

f:id:shinjin85:20170311131527p:plain

f:id:shinjin85:20170311131635p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

僕は正しい指導方法だと思います。思い込みの力は偉大です。しかし、これを練習の一環に取り入れてみんなで「俺って天才だ」とか「俺ってストロングだぜぇ!」なんていう指導方法は前代未聞です。

 

この五十嵐監督の指導方法だけで本が一冊かけそうなくらい、素晴らしい指導方法であり、素晴らしい指導者であると思います。これも、柔道6段、元オリンピック候補という実績のなせる業というのもあるのかもしれません。

 

5.6段てどんぐらいすごいの?

 

昇段の資格が講道館のページに書いてあるので見てみましょう。

 

kodokanjudoinstitute.org

 

6段になるには:

・年齢は27歳以上

全日本選手権、世界選手権、オリンピックのどれかで3位以上入賞

・強い人や高段者の出る大会で勝ちまくってポイントをためる

 

要するに、オリンピックとか世界選手権に出て新聞に名前が載るくらい活躍している人というのが前提条件のようですね。

 

近年の柔道家でオリンピックに出ているような人を見てみましょう:

小川直也(49歳):5段(バルセロナ五輪銀)

吉田秀彦(48歳):6段(バルセロナ五輪金)

・野村忠弘(42歳):7段(アトランタシドニーアテネ五輪3連覇)

篠原信一(44歳):6段(シドニー五輪銀)

古賀稔彦(49歳):7段(バルセロナ五輪金/アトランタ五輪銀)

 

五十嵐監督は見た感じ45歳前後です。段位だけで見ると国際大会でバリバリ活躍してオリンピックのメダリストと並ぶほどです。間違いなく県下では無敵クラスだし、なぜ学校の先生をしているのか分からないほど強い先生です。

 

そんな人の指導の下、三五たち岬商業柔道部はどんどん力を付けていきます。

 

おしまい

 

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)

 

 

【関連記事】

 

www.shinjin85.net

www.shinjin85.net

 

 

子供とYoutube ~肯定的に観察してみる~

ipadを使ってyoutubeを見ている私の娘(2歳半)は、いつの間にかyoutubeを通して簡単な英語を覚えていて、我が子ながら本当にすげぇと感心した話。

 

***

 

我が家には妻用と私用で一台ずつ、合計二台のipadがある。娘は保育園から帰って御飯ができるまでの30分くらいipadyoutubeを見ながら過ごしている。テレビは受動的にずっと眺めているだけなんだけれど、ipadは自分から好きな動画を選びに行ったりできて多少は能動的ということで我が家ではテレビよりもipadを見せている。

 

家にテレビはあるんだけれどつけっぱなしにはなっていなくて、録画した番組を暇なときや休日に見ている。『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』『NHKスペシャル』のような子供から見たらどう見てもつまらない番組を見て妻とお互いにコメントし合っている。

 

***

 

娘は帰りの遅い私のipadを使って遊んでいることが多い。私と共用しているのでyoutubeのおすすめには私の聞いている音楽のお勧め(主に洋楽)なんかも出てくる。そんなんで私のyoutubeのお勧めは、洋楽のMVやライブビデオ、ノンタンアンパンマン、おもちゃの動画なんかが入り乱れている。

 

おもちゃの動画なんて何が面白いんだと大人なら思うんだけれど、自分が子供の頃を振り返るとおもちゃのCMは食い入るように見ていたし、おもちゃ屋のチラシなんかも大切に取っておいていつも見返していたので、あれの現代版かということで自分なりに納得している。

 

おもちゃのチラシが面白かったのは、チラシを見てどれを買おうとか、買ったら何をして遊ぼうとか、そういうのを考えるのが楽しかったような記憶がある。

 

***

 

おもちゃの動画はどうやら世界的に需要があるらしく、様々な国で似たようなチャンネルが作られている、というのを最近娘が見ている動画で知った。

 

Google先生のおすすめがどのようなロジックで出てくるのか分からないんだけれど、私が海外の音楽ビデオやライブビデオを見ているせいなのか、おもちゃ紹介の中に時々海外のものが混じっているらしい。

 

  • 何の抵抗もなく英語のチャンネルを選択する
  • 何の抵抗もなく見る
  • 見終わるとお勧めにまたまた海外のチャンネルが出てくるので、続けて見る
  • いつの間にかお勧めに常駐するようになり、いつも見る
  • 知らないうちに一通りの色は英語で言えるようになっていた

 

これが一連の流れで、一通りの色は全て英語で言えるようになっていて、しかも子供なりにかなり完成度の高い発音で、ビックリした。「パパ、これはOrangeだよ!Orange!」とかって言ってくる。オレンジとは言わない、Orangeという。

 

観察した限りでは、Red, Orange, Pink, Purple, Green, Yellowは知っているらしい。

 

 

言葉に対しての無用な垣根を作らずに、英語だから分からないと言って入り込まずに、どんどん英語のページに入り込んでいって、しかも動画の中で喋っていることをいつの間にか真似して覚えているんだから、子供の吸収力と度胸に関心しかできない。

 

***

 

身の回りにあるもので最も世界に対してオープンなデバイスは、誰がなんといってもインターネットだ。今のように垣根を作らずに色々な外国語に触れて、一つでも多くの言語に対する抵抗を無くしてほしいと思っている。

 

いつか何かをしたいときに外国語が理由になって何かをあきらめないでもらいたいと思っている。

 

おしまい

 

***

 

おまけ:

私も妻も学生時代には外国語を学んでいたので、娘が小さいうちから英語を筆頭とした外国語に触れることには何の抵抗もない。「日本語をちゃんとしてから英語」という時代遅れのカビが生えた考え方は持っていない。

ゲスな会社員が日ごろ考えていること

あぁ~、あの子おっぱい大きいなぁ~

 

あの子、お尻の形綺麗だなぁ~

 

ポーチもってトイレ行ったから、生理かなぁ~

 

帰宅前に化粧直したから、今日は合コンかデートかなぁ~

 

なんかいつもより機嫌いいしきれいだから、昨日彼氏とやったのかなぁ~

 

なんか不機嫌だから、生理か彼氏と喧嘩かなぁ~

 

毎日コンビニ弁当の女とは結婚できなないなぁ~

 

髪切ったけど、失恋でもしたのかなぁ~

 

ちょっとくらい化粧すればもう少しかわいいのになぁ

 

(頭頂部が丸見えになったとき)、白髪染めすげぇ!やっぱり年には勝てないんだな。

 

この子最近白髪増えたなぁ~

【広告】