ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

同僚はブラック企業だというけれど

先日話した同僚がブラック企業なので「会社辞めたい」みたいなことを言っていたので、思い止まって欲しいと思っているおっさんが経験してきたブラック企業の話。

挨拶すればみんなちゃんと返してくれる

これまで勤めてきた会社では必ず「挨拶のできない人」が複数名存在していて、偉い人ほどその傾向が強かった。「おはようございます」と言った瞬間に反対向く人とかいた、今の会社は俺の知る限りそういう人は1人もいない。

上司の言うことが昨日も今日も一緒

これまでの会社の上司は言うことが二転三転するのは当たり前で「手配しておかないでいい」と言われたのを手配しないでいたら、数日後に「なんで手配してないんだ?」と起こり始めるやつが必ず1人はいた。

今の会社の上司も人間的に素晴らしいかとかついていこうと思うかと言われると、答えは限りなくNOに近いけれど、少なくとも言われた通りにやれば何も言われないので、その辺は間違えていない。

多様な働き方が認められている

工場に勤務している人以外はフルフレックスで在宅勤務も認められている。有給休暇も申請すれば却下されると言うことは基本的にないし、「なんで休むのか?」なんていう面倒くさいこともいちいち聞かれない。

新卒で入った会社では有給休暇で休む理由とか書かないと申請が通らなかったし、どこへ行くのか、緊急連絡先はどうなっているのか、と言うことも全て書かないと許可してもらえなかった(違法)。

その他

  • 出張の日当が高い
  • 他人を「お前」と呼ぶ人がいない
  • 会社がでかいので他部署への異動などの選択肢がある
  • 人間関係がフラットで基本的に誰でもさん付けで良い
  • 経費申請がざるで、基本的には何も言われない
  • タクシーに乗っても怒られない
  • 飛行機に乗っても怒られない
  • レンタカーに乗っても怒られない

俺の今の勤め先よりもいい会社はもっといっぱいあると思うけれど、ここよりも悪い会社はいくらでもあるし、それを引き当てる可能性のほうがまぁまぁ高いと思う。新卒で入った会社がフラットな人間関係で経費申請がざるだと、間違えて日系の堅い会社や中小企業に行くときついと、俺は思う。

終わり