ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

資産運用について考える

在宅勤務で家にずっといるので家中の書類とか銀行口座を整理した、その感想など。我が家は完全に財布が分かれているので、妻は妻でこれとは別に持っている。離婚したときの財産分与なんかを時々心配している。

貯蓄率とか年収とか

  • 年収:額面750万くらい(2018年実績)
    手取り550万くらい
  • 貯蓄率:30〜40%の間をうろうろ
  • 都内在住の4人家族
  • 共働き(妻は育休中、〜2020年6月末)

税金たけぇ

貯蓄率は子供が生まれる前で最高で75%まで到達

現金

現金口座は三つに分けている。

  • 自分用:積立(50,000円/月)
  • 上の子(5歳)の学資:(15,000円/月)
  • 下の子(0歳)の学資:(15,000円/月)

少し前に現金を全部足すと1,000万を超えているのを確認した。自分用の口座が間も無く1,000万に到達するので、現金積立のペースはそこで一度落とそうと思っている。毎月の積み立ては続けるけれど、5万はもう積み立てない。ボーナスなどの大きな収入があると積み立てをブーストしていたんだけれど、それももうやらない。

「学資はリスク資産で運用しない」と決めているので、現金の積立。二人とも妊娠が判明した直後に現金の口座を作って同じように積み立てている。定期的な積み立て以外にもお年玉とかお祝いとか、そういうのも全て入金している。「リスク資産では運用しない」けれど、それぞれ400万になったら積立をリスク資産に切り替えるつもり。

借金

借金は大学時代に借りていた奨学金の返済。

  • 借入総額:225万円
  • 有利子(1.015111111%)
  • 毎月の返済:13,543円
  • 残債:717,744円
  • 最終返済日:2024年9月27日

繰り上げ返済してもいいんだけれど、今更なのでこのまま借りっぱなしであと4年かけて返済していこうと思っている。5流の大学だけれど、何も言わずに出してくれた親には感謝している。

リスク資産

  • 貴金属:積立(15,000円/月)
  • 投信:積立(10,000円/月)
  • 積立NISA:5,000円/週
  • 個別株:時々買う

リスク資産がうまく育ってこないので、入金力をあげていきたい。これまでの資産運用は現金に偏りすぎていて、あまり投資してこなかったと思う。

今のところの理想はこんな感じ:

  • 積立NISA:満額(俺の分)
  • 積立NISA:満額(妻の分)
  • 個別株:時々買う
  • 個別株の配当:投信の積立 or 米国ETFの定期買付

証券会社の妻の口座は開設済みで、俺のボーナスから妻に拠出していく予定。

貴金属積立をどうしようか悩んでいるけれど、それはまた別な時に考えよう。

これから必要になりそうなお金

  1. 子供の学費や学用品:私立の医学部でも行かない限りは対策済
  2. 家の購入:不動産価格が下がってきたので検討中
  3. 親の葬式:これが一番深刻
  4. 帰省費用:妻の国まで家族4人で一回100万

親の葬式の話

国際結婚なので妻の母が亡くなった場合、葬式に家族全員で渡航すると100万〜150万かかる。その後の相続のゴタゴタで妻だけ単身で何度か渡航しないといけないとも思っているし、葬式代も妻の兄と半額ずつ負担が必要。妻の父は20年くらい前に亡くなっているので、カウントされず。

俺の親の場合は東京ー仙台の往復なので、交通費そのものは家族で1回10万円くらいで収まるので妻のところに比べると交通費は手ぬるい。先日父親に呼び出されて帰省したところ「法的に祭祀に任命した」と言われたので、葬儀関連の負担のほとんどが俺にのしかかってくるのはすでにはっきりしている。俺は三人兄弟の次男だけれど:

兄:多重債務で勘当(葬式に来ても多分葬式代は出せない)

弟:貯金なし(収入=支出)

親の葬式を考えるとタイミングによってはうまく利確できないリスク資産を伸ばしていくのに対しての怖さも感じる。生活防衛資金以外にも「なんかあったときの金」をどれくらい用意しておくのか、しっかり考えないといけない。こういうのこそ、せっかく兄弟が3人もいるんだから何かあった時に3人で話し合うべきなんだよね。葬式で揉めるというのは、よくわかる。

***

これからの資産運用が難しいし、リスク資産を形成する時、何かあったときの現金をどうやって用立てるか、現金残高とかを見ながらよく考えないといけない。金の悩みは尽きないけれど、マイナスしていないだけ良しとしよう。

 

終わり