ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

在宅勤務の心得

私はなんとも思っていないのですが、会社からの通達で在宅勤務をすることになりました。なんでもコロナウイルスで突然会社のビルが閉鎖されたときのためのケーススタディというのが目的だそうです。一日くらいでは効果は出ないと思うので、二週間くらい試しにやってみて、効率や売り上げの落ち込みを見るのも実験としては面白いんだろうけれど、営利企業なんでそんな甘いことできないですよね。

 

在宅勤務なんていうのはサボろうと思えばいくらでもサボれる制度なんですが、真面目に仕事しないと会社の業績が悪くなりお賃金やボーナスも少なくなってしまうので、真面目に働かなくてはいけません。個人的な備忘録として、在宅勤務の心得を。

 

  • 朝はいつもどおり起きる
  • 歯磨きをしたり、朝食をとったり、毎朝のルーチンは欠かさず行う
  • スーツとは言わないでも、ジーンズに襟付きのシャツくらいの格好にきっちり着替える
  • 子供を保育園や学校に送るのでもいいし、散歩でもいいし、ゴミ捨てでもいいので、外に出る
  • 外に出る時はサンダルではなく、靴を履く
  • 腕時計や社員証など、会社に行く時に身につけているものは、出来るだけ身に付ける
  • 音楽は歌声のないクラシックなどを小さな音でかけるとかテレビやラジオを小さな音でつける程度か、つけない
  • テレビをつける場合は視界に入らない位置に座る
  • 昼は出来るだけ外で食う
  • 飽きてきたらコンビニや自販機に飲み物買いに行ったりする
  • 仕事が終わったら、着替えたり、外に出てのんびりしたりして、気分を切り替える
  • メールや電話でのコミュニケーションが多くなるので、カッとなって怒りのメールを送ったりしない
  • 小さなことでも、メールやチャットツールを使って感謝の気持ちを伝える

 

一日中家に引きこもって同じ椅子に座り続けるのは体にも悪いので、家の外に出るのは大切です。なんなら午前中の1時間は喫茶店やファミレスなんかで仕事をしてもいいくらいだと思います。

 

通勤という人生の多くを費やす無駄な時間がなくなるという点において、在宅勤務は素晴らしい制度だと思うので、私ももう少し会社になれたら在宅勤務を少しずつ導入していきたいと思っています。

 

終わり