ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

転職活動を進めている⑥ ~次に進んだり、落ちたり、落ちたり~

転職活動を進めている。

 

自分の考えを定期的に何か書いてまとめていくのも大切だと思うので、備忘録も兼ねてまとめる。

 

2019年の2月末に書類とかを準備して、転職サイトに登録して、早2ヶ月。何社か応募して、何社か書類で落ちて、何社か書類で合格して、何社か面接に行って、今のところ面接は全敗中である。

 

現職に対するネガティブな感情を払拭して、プラスに気持ちを切り替えて面接を攻略することの難しさを、面接のたびに実感するばかりである。

 

前回の転職時は27歳と若かったので、とりあえず「製造業」で片っ端から応募していったのだけれど、さすがに34歳ともなるとそんなに漠然とした感じではいい転職にはつながらないと思うので、もう少し業界や業種、それに加えて職種なんかを絞らないと書類選考とか面接の突破も難しいのである。

 

そんな考えと、面接のときに「こうやって回答しておけばよかった」というのをまとめてみたい。これまでの内容と被っていても、何のその。

 

現職の職務内容

  • 米系工作機械メーカーの営業職(外資系)
  • 従業員約60名(日本)/3,000人(グローバル)
  • 担当客先:大手自動車メーカー、大手重工メーカー、その他中小企業
  • 営業成績:年約5億~8億円
  • 出張の頻度:週5(国内)/年3~5(海外)
  • 年収:約800万円
  • 職務内容:既存顧客をメインターゲットとした深耕営業。工作機械本体だけではなく、切削工具、機械部品、オーバーホール、ソフトウェア、開発案件のトライアルなど、商材は多岐にわたる。おもな職務内容は下記の通りです。
  1. 引き合いの獲得→一次見積もりの作成→仕様打ち合わせ→仕様決定→最終見積提出→購買との折衝→納期管理→設備完成立ち合い(海外出張)→搬入/試運転の現場監督/工程管理→検収打ち合わせ→設備納品後のトラブルシューティング→次の商売へつなげていく→以下無限ループ
  2. 新規開発案件についてのヒアリング→本社のR&Dと開発日程と内容についての協議→開発にかかわる見積作成→仕様打ち合わせ→開発日程の管理→ワークの引き取り→加工立ち会い(海外出張)→評価→検収→次の開発への進め方についての打ち合わせ→以下無限ループ

※複雑な開発案件や設備案件については、エンジニアのサポートが入りますが、案件の管理は担当者が全て行います。転職サイトの業務内容を見ている限り、よその会社であれば各フェーズと内容ごとに分けて3~4人くらいの人で行う業務になるかと思います。

※ほかに、トレーニング、会議、展示会、取引先の出張の付き合いなどでも海外出張へ行くことがあります。

※すべての業務を英語と日本語で平行して行います。

※最近採用活動を進めている弊社ですが「業務の幅が広すぎる」ため、人が採れないと人事部が嘆いています。メーカーと商社を足して2をかけたくらいの職務内容の広さです。

 

なぜ転職し、なぜこのタイミングなのか

  1. 表向きな理由/産業構造の変遷:
    ガソリンエンジンに強烈に紐づいている特殊な設備を取り扱っているため、今後自動車の電動化が進んでいった場合、設備が売れ続け会社が右肩上がりで成長していく未来というのがどうしても感じ取ることができません。今回このタイミングでの転職としたのは、大手自動車メーカー各社が2020年度以降の弊社設備にかかわる生産設備への投資を「不透明」と判断し、人員と予算を削り始めたことが、このタイミングで転職することを決意しました。
  2. 会社の人事戦略に対する理由/未来の会社
    私が入社して以来7年で10人以上の新人が入社したものの、1.後輩をたたいて育てる、2.パワハラをパワハラと思わない、3.長時間労働、4.辞める人に問題があると思い込み内省できない企業体質、こういったことが主な原因となって全員もれなく退職しています。全従業員の7割が55歳以上、10年後には7割以上の従業員が65歳以上になる中、中長期的な人事戦略を組むことができず、現状のままあと25年も働くことができるのかと疑問視したため、転職を検討しました。
  3. パワハラ・長時間労働/二人目の子供
    2018年の10月くらいから猛烈な激務で、まともに家に帰れる日が目に見えて減っています。業務の幅が広い、仕事が多い、後輩がいない等の理由から増えるのは自分の仕事ばかりで、遅いときは日付が変わってから家に帰るというのを連発しています。「このまま今のペースで仕事してたら病気になるな」と思い、二人目の子供が生まれるのに病気になんかなったら、二人目の子供に対する責任も何も果たせなくなる可能性があるので、給料が下がってもいいのでまともな環境で働けるよう転職しようと決意しました。
    長時間労働、業務の幅が広いこと、仕事量が多いのにおまけで、大声での罵倒によるパワハラやモラハラ、マイクロマネジメントによる細かい追及、答えられないことは納得できない詰問の文化などがもれなくついてきます。
    現役の社員でもうんざりするレベルのパワハラやモラハラが待っているのに、新人なんて採用できるはずありません。

転職の理由は主にこんな感じです。妻と子供二人に対しては今の会社で働いていては責任を果たせないと判断したうえでの転職です。

どのような仕事を探しているのか?/転職先に重視することは?

職種:営業(テクニカルセールス or 海外営業)

業種:製造業(メーカーや商社などについては不問)

商材:機械(できればマシニングなどの工作機械)

事業規模:従業員100人~500人程度

年収:残業なしで年収600万程度が最低ライン

※外資/日系は問わない

※国際性があること及び製造業であることは譲れない

※長期就業している従業員が多いこと/3年以内離職率が低いこと

※コンプライアンスでがんじがらめである必要はないけれど、残業やパワハラなどについてはある程度管理できていること

 

いつ頃から入社できますか?

2019年8月1日か2019年9月1日入社を希望しています。

 

***

 

面接というのは大体聞かれることが同じなので、時々内容を整理するのも大切ですね。

 

来週は2件面接がありますので、頑張ります。

 

終わり

スポンサーリンク