ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

兄弟の借金の話

最近、兄(長男)と兄嫁に借金があるということが分かった。

 

消費者金融とカードローンの多重債務でこれ以上の借り入れができない状態にまで行っているので、笑えない。ざっくり計算してみたが、毎月五万円の返済計画を立てたとしても、完済に10年以上かかる。

 

なんで作ったのかは知らないのだけれど、社会人になったばかりの20年近く前に作って、返済したり、借りたり、借り換えたり、自転車操業をしたりしながら借金と付き合ってきて、最近ついに自転車操業が回らなくなり、追加借り入れも停止となり親に告白した、というのが一連の流れである。

 

父親お手製のファイナンシャルプランを立ててもらい、返済計画に向けて動き出したところ、1ヶ月で早々に断念。二悶着くらいあった末、父親は兄を見離し絶縁することを決め、遺産相続の対象からも外すように動き始める。というので、連休早々に実家へ帰って深刻な家族会議を済ませてきた。

 

兄夫婦には4月に小学校に入学した子供が一人いるのだけれど、入学に向けての学用品を一つも用意できておらず「初孫の入学式」で訪れていた私の両親が急遽すべての学用品や入学式用の服までそろえたというのだから、借金の問題は相当深刻なようである。

 

今まで兄夫婦に借金があるというのは知らなかったのだけれど、子供のための貯金などは一円もないようで、これまであちこちからもらっていた子供のためのお金などはすべて借金の返済にあてたり、散財していたりしていたようだ。これまで、私の子供のためにおもちゃやお祝いなど色々なものをもらってきたが、それらもすべて借金で賄われていたと思うと、なんだかげんなりである。

 

何年か前に「兄の給料だけで生活して、兄嫁の給料は貯金している」と言っていたのは、全てうそだったのかと思うと、げんなりである。ざっくり聞いた支出はこんな感じであり、無駄がすごい・・・。

 

  • たばこ代:月5万円(2人)
  • 家賃:8万円(2LDK@北海道)
  • 電気代:7万円(オール電化)
  • 犬/猫:各一匹
  • 子供:一人
  • 水道代:1万/月
  • ネット代:2.5万円!?/月
  • 携帯電話:月5万円/月
  • 幼稚園代:7万円/月

 

これに固定費の塊である自動車を所有、子供にも2つか3つ習い事をさせているというので、驚きを隠せないし、金銭感覚には疑いしか持てない。そして、こういう生活を借金で成り立たせていたと思うと、もっと家計をスリムにしてダウンサイジングすれば借金しないで生活できて、いくばくかの貯金もできたのではないかと、そんなことしか思わないのである。

 

親の借金によって、だれよりもかわいそうな思いをするのはほかならぬ子供なので、子供が生まれた時や結婚した時にどうして借金を告白できなかったんだろうな・・・。そして、我々が今後何かあって甥っ子と接するとき常に意識しないといけないことは「借金のある家の子供」ということで、それもまた子供にとって残酷な運命である。

 

終わり

スポンサーリンク