ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

卒業といえば尾崎豊

「卒業」といえば、尾崎豊である。

 

尾崎豊の歌のような中学校に通っていた。

 

「夜の校舎窓ガラス壊して回った」のが実在していた。

 

朝学校へ行ったら、割れた窓ガラスに、散乱する消火器の粉。

 

午前中の授業はつぶれ、ガラスを掃除し、消火器の粉を片付けることに一日が費やされた。

 

「盗んだバイクで走り出す」のもいた。

 

盗んだバイクで走り出し、市営バスと衝突、生死の境をさまよったのもいた。

 

体育教師にケンカを売って、ボコボコに殴られた不良の先輩もいた。半殺しくらいにされていたのに、メディアにすっぱ抜かれなかったのは奇跡としか言えない。

 

私の所属していた柔道部の顧問(柔道3段)は、暴力事件を起こして、メディアにすっぱ抜かれて大ごとになっていた。

 

色々な奴がいた中学校を卒業して、そろそろ20年である。

 

あの時に「不良」だった人たちの消息は「高校辞めた」くらいまでは知っているが、その後の足取りは知らない。

 

一人だけ、柔道部の後輩が殺人事件を犯して刑務所に行ったのだけは、全国報道されたので知っている。

 

こんなどうしようもない中学校を卒業しているからなんだが、自分の子供は私立中学校に入れたいと思っている、公立中学校にはリスクしかない。

 

今週のお題「卒業」

スポンサーリンク