ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

夜中に出社して電話会議とかするようになった自分を見て「社畜だな」と思った

親会社がアメリカにあるので、時々日本時間の夜中に電話会議をすることがある。今までできるだけ避けてきたんだけれど、さすがにそういうわけにもいかないくらいでかいプロジェクトが始まって、電話会議が不可避になってきた。

 

出社して、仕事して、定時に一度帰って、22時に再登場して、23時から25時まで電話会議して、26時に帰宅。家で電話会議してもいいんだけれど、妻も子供も寝ているので、大声で電話するわけにはいかないんで、出社するしかないんですよね。家にいると、酒飲んで寝ちゃいそうだし。

 

米系の企業に勤めているので、夜中に電話会議とかするのは別に気にしてないんだけれど、26時とかに帰ったときは深夜残業代いらないんで、インターバル勤務で次の日の午前中を有給ではなくて会社のシステムで休みにしてください。

 

という、おっさんの願い。

 

睡眠不足や超過勤務によって発生する事故のリスクを、会社はもっと考えたほうがいい。

 

26時くらいに都内を運転して帰ったんですが、あちこちで結構明かりのついている家があったり、明かりのついているオフィスがあったりして、日本てマジで狂ってるなと思いました。

 

時々1日4時間の睡眠でいいとかいう人とか見るけれど、毎日8~10時間寝ている私から見ると、彼らは何か別な生き物なのではないかと思う。

 

今日は午前中休みにしたので、これから仕事へ行くのである。

 

終わり

スポンサーリンク