ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

クリーニング屋の会員カードを無くしてからクリーニング屋に行くのをやめた話

少し前にクリーニング屋の会員カードを無くしました。

 

私:「カードなくしたんで、有料でいいんで再発行してください」

店員:「カードは再発行できないので、毎回クリーニングを出すときに、電話番号を言っていただければOKですよ」

私:(できるだけ人と話したくないし電話番号話すのも面倒くさいな、もう行くのやめよう)

 

と、こんな感じで、それ以来クリーニング屋に行かなくなり、自分でせっせとアイロンをかけるようになりました。多分、こういう人って結構いると思うんだけれど、私だけなのかもしれないと、時々不安になります。

 

電気店にて

私:商品をじーっと見て買おうか買わないか考えていたり、どの商品にしようか悩んでいる

店員:「お客様、この商品は~~~~~~~~~」と冗長な説明をし始める

私:「あっ、見てるだけなんで、もう帰ります」(用があるから話しかけるから来るなよ、話すの面倒くせぇな。帰ってアマゾンで買おう!)

 

私が一番行くのはヨドバシカメラなんですが、程よく放っておいてくれるので気に入っています。話しかける店員は基本的に嫌いです。こんな感じで、逆に商機を失っている場合もあると思います。

 

床屋にて

いつも1,000円床屋です。

 

床屋:「どのような髪形にしましょうか?」

私:「坊主頭でいいですよ」

床屋:「分かりました」

~終始無言~

床屋:「こんな感じでいいですか?」

私:「はい、いいですよ」(坊主なんでいいも悪いもない)

 

最高!

 

時々1,000円床屋でやたら理容師に話しかけている人とか、細かい注文出している人を見るんだけれど、そういうサービスがほしいのなら別な床屋行けと思っています。私は終始無言で進む1,000円床屋が好きです。

 

靴屋にて

靴屋:「当店は輸入物も扱っているので、大きなサイズもそろえてますよ」

私:「アメリカで11.5」

靴屋:「すいません、11までしかないんですよ~」

私:(ぬか喜びさせやがってふざけるな!もう二度と来ねぇ!)

 

仕事柄時々アメリカへ行くので、靴は全てアメリカで買っています。

 

私はコミュ障なのかもしれないし、そうじゃないのかもしれない

こんなですが、一応B to Bの機械商社でセールスの仕事をしています。仕事なら割り切って人と話せるのですが、プライベートではほとんど人と話そうと思いません、特に知らない人や店員がその筆頭です。仕事ではまぁまぁ人とは話していると思うし、同僚ともそれなりに話すし、気も使います。

日本語以外にも2つほど外国語を話せますが、仕事では話しても、プライベートで率先して話そうとは思いません。日本語ですら話したいと思いません。

自分はコミュ障なのかと思うときもあるんですが、人と対峙したときに「どうしたらいいか分からない」「頭真っ白」みたいになることはないので、コミュ障じゃなくて「話すのが面倒くさい」と思っているだけのただの面倒くさがりなんだと思います。

 

こんな人ほかにもいっぱいいるだろうと思っているんだけれど、きっと仲間はみんな同じ感じでプライベートで友達を作るのが苦手なんで、現実の世界で邂逅することはほとんどないんだろうな。

 

終わり

スポンサーリンク