ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

保育園飲み会に参加した話

この前保育園の父母飲み会に参加した。

 

ほとんどの家が母親一人で参加する中、私を含め4人お父さんが来ていた。

 

酒を飲み始めて少し打ち解けた中で、「いやぁ、最初はどこの家のお父さんが来るか出方をうかがっていたんですが、〇〇さんが来るというので試しに来てみました」なんていったら、みんなそんな感じだった。

 

どの家もやっぱりお母さん主体の保育園の飲み会はアウェー感が強いんだろうなと思うし、私が以前保護者会に父親単身で乗り込んだ時もアウェー感は半端なかったんで、最初の一歩は結構勇気いるよなぁ。

 

保育園の飲み会に参加してよかったなと思うのは、よその家のお父さんは私が普段仕事をしている限りでは絶対に交わることのない職種の人が多かったので、「世の中にはこんな仕事もあるんだぁ~」なんていうのとか「こんなものの見方もあるのか」とか、結構新しい発見があって刺激があったこと。

 

ちなみに3歳半になる我が娘だけれど、今回来ていたお父さんの中でも私がぶっちぎりで一番若かった(33歳)。で、年上の人になると一回り以上も違う人とかもいて、そういうところも新しい発見の一つだった。

 

次からはもう少しお父さん連中も来てくれると、もう少し飲んだくれることができて楽しいと思います。

 

世の中の多くのお父さんも保育園や幼稚園、小学校などの父母会にくっついた飲み会には積極的に参加すると、今までには見ることのできなかったことに気付けると思います。

 

それでは今日はこの辺で

スポンサーリンク