ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

父親になったことを実感した時

最近「そうか、俺は父親になったんだな」と妙な事で実感した。

 

子供が生まれたときも、子供にパパと呼ばれたときも、あんまり父親になったと実感しなかった。そこまでは自然な流れで、家庭内での呼び名が「パパ」に変わったくらいの変化しかなかったんで、特に何も感じなかった。

 

先日、風邪をこじらせて蓄膿症になってしまい、娘がいつも行っている耳鼻科へ行った時に「あら、今日は〇〇ちゃんのお父さんなんですね、どうされました?」と言われたときに、変なタイミングなんだが、子供が生まれて3年もしてから父親になったと実感した。

 

そのあといった薬局でも「あら、〇〇ちゃんのパパ、どうされたんですか?」と言われ、やっぱり父親になったことを実感した。

 

社会の中で「Shinjinさん」ではなく、「〇〇ちゃんのパパ」というステータスに代わっているのを耳鼻科や薬局で感じて、なんだかそんなときに「あぁ、父親になったんだな」と遅ればせながら強烈に実感した。

 

それでは今日はこの辺で