ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

カフェインへの耐性が異常に低い私が気を付けていること

【広告】

カフェインへの耐性が低く、ちょっとカフェインを取ると途端に具合悪くなるので、なるべくカフェインを摂取しないように気を付けています。

 

カフェインへの耐性が低い人があまり多くないのか、みんな気づいてないからなのか、私に友達や知り合いが少ないからなのか、何なのか分からないのですがカフェインへの耐性の低い人というのにほとんどあったことがありません。

 

カフェイン過敏症というらしいんですが、ネットで調べてもあんまり出てこないんで、症例とか気を付けていることとか、過去に何が起きたかとかまとめてみようと思います。

 

カフェインへの耐性のなさ:

  • コーラは350ml飲みきれない
  • マウンテンデュードクターペッパーもカフェイン入りなので飲めない
  • コーヒーは全く飲めない
  • コーヒー味の飴ですら受け付けない
  • チョコレートもほとんど受け付けない
  • 高濃度カカオチョコレートは口に入れただけで気分が悪くなる
  • 日本茶もほとんど受け付けない
  • うっかりカフェイン入り飲料を飲んで大後悔

カフェインを摂取したときの症状:

  • 手の震え(テレビとかで見る麻薬中毒とかアル中の人くらい震える)
  • 吐くことはないんだけれど、異常に気持ち悪くなる
  • 胃痛
  • 口内炎
  • フラフラ、クラクラする(地に足がついてない感じ)
  • 頭痛
  • 頻脈・動悸
  • 精神的になぜか不安定な気がする

何で気づいたのか:

  • 17歳:コーラ
  • 18歳:紅茶
  • 21歳:コーヒー
  • 24歳:コーヒー

 

私が胃潰瘍/十二指腸潰瘍で重症化して入院した年齢です。10年以内で4回も入院しています。このほかに胃痛と胃潰瘍で何度となく通院しました、数えきれないくらい。

 

ピロリ菌もいなくて、ストレスもあまりなくて、医者からも「原因不明」と言われてしまって、「どうしようもねぇなぁ~」と思っていて、一生薬飲みながら生きていこうと思っていました。

 

ある日、胃を悪くするたびに身の回りにはカフェインがあったのを思い出し、カフェインを取るのをやめました。そうしたところすこぶる調子が良くなり、胃が痛いのも収まったんで、それ以来カフェインを意識して摂取していません。もう6年くらいカフェインを避けていますが、絶好調です。

 

長いこと摂取していないうちにカフェインに敏感になっていったようで、最近はカフェインを少量取っただけで猛烈に具合悪くなるようになりました。

 

カフェインを取らない生活とは?

 

カフェインを取れないと、喫茶店とか行かなくなるので、必然的に金を使わなくなります。どうしても行かないといけないときは、オレンジジュースを飲んでいます。ヨーロッパだと喫茶店でビール飲めるんで、友達と喫茶店行くとビール飲んでます。

 

コーヒーはデカフェでも受け付けないので、喫茶店にはそもそも用がありません。

 

コーラは大好きなんで時々飲みますが、飲むと激しく後悔します。いつも一番小さい缶のコーラを飲んでいます。体質とはいえ、コーラが飲めないのは残念です。

 

市販の風邪薬はほとんどカフェインが入っているので、市販の風邪薬は飲みません。風になったら根性で薬飲まずに治すか、医者に行ってノンカフェインの風邪薬を処方してもらうしかありません。

 

カフェインへの耐性が低い人が少ないのか、気づいてない人が多いのか分からないのですが、説明してもなかなか理解してもらえないことが多くて、説明に苦労します。

 

困るのはこれくらいで、睡眠障害も何も起こらないし、気分もすっきりしているし、カフェインを取らなくていいことしか私にはありません。

 

***

 

おまけ

アレルギー体質の私はカフェインに対してだけアレルギーを持っているわけではなく、ほかにも色々あります。

 

  • 花粉症(杉)
  • 果物(バラ科)
  • 大豆
  • カフェイン
  • 魚類(何かは不明なので、これから探す)

 

自覚症状はあるんですが、アレルギーの血液検査ではどれも出ないので、謎です。

 

奇跡的だなと思うのは、こんだけのアレルギー体質なのに、酒だけは一切の拒絶反応を示さずに人並み以上の耐性を示せたことです。

 

おしまい

【広告】