ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

国際貨物なんて平然と1か月くらい遅れるよ

kabumatome.doorblog.jp

郵便局が年末の貨物が増えすぎてパンク寸前らしい。

 

俺が海外に初めて物を送ったときに言われたのは「12月は物が届くまで1か月くらいかかるから、早めに出してね」だった。

 

10年以上前の話。

 

外資系の製造業で働く今になっても、DHL, FEDEX, UPS, 企業間の貨物のやり取りであっても平然と一週間くらい遅れてるよ。それに対するアメリカ人とドイツ人のコメントは「クリスマスだからしょうがない」で、大体片付けられている。

 

会社の製造拠点がドイツとアメリカにしかないから、ほかの国の人たちがどう考えているのか分からない。サンプル数が少なくてごめんなさい。

 

こうなることを予測していた俺は甥っ子へのクリスマスプレゼントはさっさと12月初めに届くようにアマゾンで手配しておいた。12月24日とか25日に届くように手配する必要なんてなくて、12月24日とか25日まで親が隠しておいて子供に渡すことなんて、簡単だろ?

 

生ものを送るのなら別だろうけどね。

 

混雑するってわかってるのに、全員同じような日程で荷物送るのとか本当に意味わからないよね。

 

12月10日頃からメールは全部自動返信で「Merry Christmas and Happy New Year!」とふざけた返事が来るし、電話会議とかの締めくくりも「Merry Christmas!」で12月10日頃から締めくくられるようになる。半分くらいは12月20日頃から年末まで休んでるよ、役員であっても。

 

Merry Christmas and Happy New Year!

 

おしまい