ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

俺はいつもQBハウスで髪切ってるけど、全然不満ないどころかむしろ満足だよ

【広告】

r25.jp

ここ5年くらいずっとQBハウスで髪を切っている。頻度は月一回くらい、髪型は坊主なんでどの床屋で切っても同じなんだけれど、QBハウスに行く前は一回4,000円くらいする街の床屋さんで切ってもらっていた。

 

その床屋さんに行くのをやめた理由は、予約が面倒くさいのと、ある日行ったら左側だけもみあげを整えられなくて左右のもみあげの長さがバラバラになったこと。そん時に「4,000円払う価値ねぇな」と思ってからずっとQBハウス

 

他人に手加減なしでひげをそられると、床屋でも真っ赤にカミソリ負けしたり、顔中傷跡だらけになるくらいで、床屋に行っても髪を切ってもらうだけだったんで、QBハウスは俺にぴったりだったんだ。

 

QBハウスは予約できないんだけれど、店舗に行ってどのくらいの人が並んでいるのかを見れば何分くらい待てばいいのかすぐわかるし、そもそも回転がいいので1時間も2時間も並ぶということがあんまりない。俺が行くところは、経験上、長くても30分くらいだ。

 

生まれついての剛毛なので、ハサミやバリカンの手入れが行き届いていない床屋行くと切れなくて髪を引っ張られたりして本当に痛くて理容師を貼り倒したくなる時があるんだけれど、QBハウスではそんなことがない。

 

床屋へ行くとやたら話しかけてくる理容師が多いけれど、話すのが面倒くさいんで理容師が話しかけてこないQBハウスは俺にもってこいだ。

 

1,000円の床屋が不満?

やっぱり4,000円くらい払ったほうが間違いない?

 

ブラックジャックによろしく』という漫画で「外科医は臨床の数がものをいう」みたいな話があった。論文ばかり書いている博士よりも臨床に携わっている臨床医の方が手術の腕がいいというものだ。

 

一人の調髪に40分~1時間くらいかける理容師は一日に調髪できるのは10人くらいが限界だけれど、10分で1人を調髪できる理容師なら1時間に5~6人の調髪が可能だ。8時間働けば40人くらいは調髪できる。

 

客の入りも日によって違うだろうから毎日40人切ってるとは思わないけれど、それでも40分5,000円の床屋とかに比べれば経験値が全然違うのは明白だ。40分かけて作り込んだ頭と10分で作り込んだ頭では、最後の仕上がりにちょっとした違いは出るかもしれない。けれど、40分かけてできることを10分で仕上げてくるんならそれは脅威だよ。

 

俺の頭は坊主なんで10分で切っても40分で切っても、大差ないしさ。

 

旧態依然の腐りきった業界に新しい風を吹き込んで、その業界の改革をしようとしている企業が好きなんだよね。従業員のことを考えて、競争力向上のために労働環境を改善している企業を、応援したいんだ。

 

「美容業界は丁稚奉公が未だに残っている古い業界です」って、言ってるようなもんだぜ。それを何とかしようとしている会社は、応援したいよ。

 

これからも髪はQBハウスで切り続けます。

 

おしまい

 

【広告】