ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

日馬富士を擁護する人たちの心理が全く理解できない

【広告】

横綱日馬富士が引退しました。

 

私は引退という判断は正解だと思います。

 

私は弟子を徹底的に守った貴乃花は親方として心の底から立派だと思うし、貴ノ岩も本当にいい師匠を持ったと思います。相撲協会との確執とか色々言われていますが、師匠としても指導者としても、親方としても、協会の理事としても、貴乃花は立派だと思います。

 

暴力に毅然と立ち向かい、協会や親方衆、横審、マスコミ、世論の脅しに屈しなかった貴乃花は本当に立派です。弟子を守り抜いた貴乃花は、本当に立派です。

 

報道を見てると、日馬富士を擁護して貴乃花貴ノ岩をたたきますね。

 

信じられません。

 

自分の子供が自分よりも立場も経験も腕力も上の人間に「指導の一環」として、ビール瓶で頭ぶん殴られて、血みどろになって帰宅しても同じこと言えますか?

 

直接会って話したり、相撲協会の聴取を受けたりしても、立場が上のものにちょっとすごまれたら、正直に何かを話すことなんてできない可能性も十分にあります。だから、協会の聴取には一切応じず、警察と司法に全てを委ねた貴乃花が正解。

 

相撲協会に聴取を行わず、その場にいた人々に立場にかかわらず個別に聴取を行った警察が正解。

 

日馬富士を擁護している横綱審議委員会相撲協会、テレビのコメンテーター、報道、その全てが、暴力を容認し暴力を働いたものを擁護する世論を形成しようとしている誤りに気付かないでいる社会、間違い。

 

言い換えればみんなで暴力を容認しているんだよ?

 

暴力を働いたのは相撲だからOK?

 

それなら、そんな暴力を容認するような団体が主催している興業に「国技」という看板はいらない。

 

恥ずかしい。

 

暴力が表沙汰になったことをもっと真摯に受け止めて、相撲協会横綱審議委員会は「稽古」「指導」「かわいがり」とかと「暴力」の線をどこで引くのか明確にしていって、暴力を根絶するように全力で邁進してほしいと思っている。

 

親方衆が「俺の若いころ」とかいうかもしれない。

横審が「俺の若いころ」とかいうかもしれない。

 

しかし、暴力は「俺の若いころの話」をいくらしても、どうやっても、正当化できないんだよ。

 

***

 

外国人の力士を否定するつもりは一切ありません。高見山武蔵丸小錦旭天鵬琴欧州、過去にも現在にも立派な外国人力士はたくさんいました。時代の流れなので、止めようがありません。

【広告】