ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

家族旅行にある子供中心主義

【広告】

先日家族で北海道へ行ってきました(3泊4日)。

 

家族構成

妻:36歳

娘:2歳半

私:32歳

 

ANAのマイルがたまっていたので、家族3人分のチケットをマイルで取りました。2歳の子供でも大人と同じだけマイルがとられます。

 

旅程

1日目:昼頃に空港到着、牧場見学、札幌泊

2日目:登別へ移動、クマ牧場見学、登別泊

3日目:定山渓へ移動、定山渓宿泊

4日目:札幌市内のスーパーを見学、帰京

 

何も考えないで直前に宿をとっていったので、日程や行程が滅茶苦茶です。北海道在住の私の兄にも「滅茶苦茶」と言われました、計画のなさを露呈しまくっています。

 

どこがどういうところというのは、誰かに任せましょう。

 

北海道と言えば!

カニ!

イクラ!

鮭!

ウニ!

タコ!

石狩鍋

ジンギスカン

寿司!

海鮮丼!

豚丼

スープカレー

蕎麦!

サッポロビール園!

サッポロビール

サッポロビール

サッポロビール

 

うまいものいっぱいですよ!

 

ジンギスカン食ってビール飲んで!

寿司食ってビール飲んで!

カニ食ってビール飲んで!

ラーメン食ってビール飲んで!

いくら食ってビール飲んで!

スープカレー食ってビール飲んで!

温泉入ってビール飲んで!

 

痛風まっしぐら!

不健康上等!

 

実現できたのは3つくらい

 

結局何を食ったのか?

娘は子供なので、酒を飲むような店には行けません。うちでは娘にはまだ生ものは食わせていないので、すし屋には行けません。まだ小さいので辛いものは食べられません。ラーメンもまだ上手に食べることができません。2歳半くらいだと食べ物に制約が多いので、北海道へ行っても大人が楽しむような食事なんかは全然できません。

 

温泉付きのホテルに泊まっていたので、夜はホテルのバイキングです。

昼はその辺で適当に食べますが、名物らしい名物はあまり食べられませんでした。

朝はホテルの朝食です。

 

バイキングではジンギスカンや寿司、刺身、ラーメン等一通り選べます。いろいろ食える点では素晴らしいのですが、やっぱり専門店の味には遠く及びません。

 

オトナだけで行けば毎日うまいものを食って、飲んだくれて、これ以上にないくらいうまいものを毎日たらふく食べるんですが、子供がいれば飲んだくれることもできないし、そもそも飲み屋に行くこともできません。食べ物にも制限が色々あります。

 

しょうがないことです。

 

私の父の話

私の父は無類の酒好きでした。病気で酒を飲めなくなってしまったので、今はもう飲んでいません。

 

私も子供の頃は夏休みになると両親に家族旅行に連れて行ってもらいました。キャンプだったり、温泉だったり、会社の保養所だったり、東北から出ることはありませんでしたが、あちこち連れて行ってもらいました。

 

酒好きの父親だったんで旅行へ行ったらあちこち飲み歩いて、飲んだくれたかったんだろうなと、自分が同じ立場になると思います。それでも、飲み屋街に繰り出すことなく、子供と一緒に遊んだり、旅館で食事をしたり、家族旅行では色々自分のやりたいことを我慢していたというか、妥協していたんだろうなと思います。

 

親になるってこういうことか・・・と、娘が2歳半になってまた一つ学びましたとさ。

 

クマ牧場が一番楽しかったですね。

 

おしまい

【広告】