ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第5巻

【広告】

第五巻です。

 

アマゾンでは取り扱いがなくなってしまったようなので、絶版になっている可能性が高いですね。そういうことで、自分で表紙を撮影しました。

 

f:id:shinjin85:20170918165251j:plain

 

第5巻 取りしまり日よりの巻

 

  • 取りしまり日よりの巻
  • 身も心も軽く!?の巻
  • スイカはいらんかね!?の巻
  • 富豪巡査・中川の巻
  • 雨にうたえば・・・の巻
  • 出ました18番!の巻
  • ニコニコ両さんの巻
  • 亀有でこぼこコンビの巻
  • 両さんありがとうの巻

 

第1刷:1978年5月15日

私が買ったのは第99刷で2009年10月6日に出版されています。

 

※1~4巻に比べると刷数も伸びていないので、絶版になっているのかも知れません。私はアマゾンではなく近所の本屋で全て購入していて、そこには全巻(1~200)そろっています。

 

巻末のメッセージはアグネス・ラムさんが「日本のファン代表はミスターアキモト!?」として寄稿しています。このころはまだ山止名義で作品を書いていたので、私の持っている新しいものでも「ミスターヤマドメ」と修正され切っていないところがあります。

 

アグネス・ラムさんは、名前しか知りませんでした。ハワイ出身のグラビアアイドルだったようです。ちなみに秋本さんとアグネスさんが紹介の写真で映っていますが、しっかり鼻の下をのばしていますね。

 

『富豪巡査・中川の巻』ではついに中川の自宅が公開されます。自宅の敷地内で迷ってしまったり、両さんが「家」と言ったのが中川の部屋だったり、「下町育ちのわしにはこれくらいがちょうどいい」と言った部屋がエレベーターだったりと、めちゃくちゃな家のでかさです。中川の妹の登志惠もここで初登場です。

 

この時代はまだシートベルトの着用義務がなかったようで、運転中にシートベルトしている人がいません。調べてみると着用が義務化されたのは1985年からなので、しばらくはシートベルトをしないと思います。

 

『出ました18番!の巻』では、これまでの警察ドタバタ劇場から少し趣が変わり、後輩の送別会を開く両さんの人情味のあふれるところや面倒見の良さがよく出ています。

 

『富豪巡査・中川の巻』と『出ました18番!の巻』以外は、相変わらずどんちゃんしています。しかし、少しずつ作風の変化が見られたり、絵がすっきりしてきたりと、着実に読んでいて疲れなくなってきているし、魅力的な話が増えてきています。

 

おしまい

 

アグネス・ラム写真集「1974Memories」

アグネス・ラム写真集「1974Memories」

 

こち亀5巻はアマゾンで買えないので、せっかくなのでアグネス・ラムさんの写真集。

【広告】