ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第4巻

【広告】

4巻です

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所 4 (ジャンプコミックス)

 

第4巻 亀有大合唱!?の巻

 

  • 怪盗・鶴の007号の巻
  • 部長の悪いクセ・・・の巻
  • タレント志願の巻
  • お犬様の巻
  • あつい一日・・・の巻
  • 亀有大合唱!?の巻
  • ガンマン両津!?の巻
  • みあい協奏曲の巻
  • ガッツマン両津の巻
  • <かきおろし番外編> 野球狂の男の巻

 

第1刷:1978年2月15日

私が買ったのは第103刷で2009年4月12日に発行されています。

 

巻末のメッセージはタレントのせんだみつおさんが『権力の怖さを笑いで包んでストレートに表現』として寄稿しています。前巻の太田裕美さんに続いて知っている人が登場していて、親近感が持てます。私が知っているせんだみつおさんはおっさんですが、この78年の頃だと若いですね。この話の中で知ったのですが、こち亀は77年に一度東映で実写映画化されているようですね。

 

ネットで調べるとどうやら本当のようですが、私も4巻のせんだみつおさんのコメントを見るまで知りませんでした。

 

一番最後に不自然に『野球狂の男の巻』という話があります。どうやら派出所自慢という回が自主規制の対象になって差し替えとなったようです。そのうち探し出して、どのような話か読んでみたいと思います。

 

前巻のメッセージで太田裕美さんが登場しています。『亀有大合唱!?の巻』では本人が登場し、熱狂的なファンも登場します。

 

『ガッツマン両津の巻』では、両さんはまだ野球のルールを知りません。まだまだスポーツ万能には程遠いですね。

 

『お犬様の巻』では初期のレギュラーである犬も初登場します。

 

『部長の悪いクセの巻』では勤務中に酔っぱらって暴れるという失態を犯すなど、大原部長の人間性もだいぶめちゃくちゃです。

 

絵はやっぱりぐちゃぐちゃしていて見にくいのですが、1巻の頃よりはすっきりしてみやすくなってきました。話はごちゃごちゃしているし、ギャグにもまだ切れがありませんね。

 

おしまい

 

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所 4 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 4 (ジャンプコミックス)

 

 

【広告】