ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

個人的に理想とするおっさん像

【広告】

大学生の頃の話。

 

見るからに「おっさん」な教授がいた。

 

バーコード気味な頭に、中年太り、でかい眼鏡に、いつだってスーツ。

 

まさに、絵に描いたようなおっさんである。

 

新橋、八重洲とか歌舞伎町にいる完全にくたびれたおっさん。

 

会社で若い子に「おい、このPCはどうやって操作するんだ?急に動かなくなったんだ!」とか言っちゃうような、そんな見た目のおっさん。

 

おっさん、なのである。

 

完全にくたびれたおっさん、なのである。

 

ところが、このおっさん、普通じゃないのである。

 

英語、フランス語、中国語がべらぼうに堪能。

 

見た目は完全にくたびれたおっさんなのだけれど、抜群に外国語が堪能なのである。

 

ものすごいギャップ、そしてそのギャップがかっこいい。

 

 

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)

 

 

 

おしまい

【広告】