ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

間違えてると思うこと

【広告】

世の中にはびこる「間違えてるな」と思うこと。

 

・きつく当たったり叱ったりしてばかりで、誉めない
→よくできたことは誉めましょう。

 

・叱って伸ばす
叱られて伸びる人はあまりいません。

 

・仕事で楽をすることは甘え
→最小の効率で最大の効果を生むように考えなくてはいけません。そこに意味の分からない精神論はいりません。

 

・給料やボーナスは苦痛の対価
→給料やボーナスは労働やパフォーマンスへの対価であって、苦痛の対価ではありません。

 

・厳しいことが正しい
→厳しくするための厳しさは、ごみくずのような思想ですので、ゴミ箱に捨ててください。

 

・代わりはいない
→代わりなんていくらでもいます。

 

・休みを取るなんてとんでもない
→程よく休みを取って休養したほうが良いです。

 

・話しかけにくいのが威厳・偉さ
→話しかけにくい人は組織には不要です、早くいなくなってください。

 

・失敗にはペナルティや降格人事
→失敗にペナルティを与えると委縮する人もいます。結果だけを評価するのではなく、プロセスも評価し、なぜうまくいかなかったのか一緒に考えましょう。

 

長時間労働が偉い
→定時に仕事をこなして帰る人が偉いのです。

 

・仕事中や練習中に笑顔はいらない
→辛い時こそ笑顔です。

 

・やめたやつは負け組
→自分の人生にマイナスになると思ったら、さっさとやめるべきです。

 

・とりあえず3年続けろ
→成果がいまいち出にくい語学や研究をとりあえず3年続けるのはいいと思いますが、つらくてやめたいとか会社行きたくないとか思っている人にその理論は当てはまりません。精神や肉体を壊す前にさっさとやめましょう。

 

・お金は額に汗して手にするもの
不労所得というものがあります。額に汗して働いて手にするお金も大切ですが、若いうちに不労所得という考えを持つことは大切です。

 

・まずは日本語をしっかりしてから英語
→まごまごしているうちに他の学習者との間に超えられない壁が作られます。「日本語も英語もしっかりやる」のが大切です。

 

・俺の若いころの話
→時代も何もかも違うんだから、お前の若い時の武勇伝はいらない。時代を見ながら物を話せ!

 

***

 

ごみくずのような精神論がくっついた非合理的な思想はなくなって然るべきです。

 

おしまい

【広告】