ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

「お疲れ様」という挨拶が嫌いすぎる件について

【広告】

http://2.bp.blogspot.com/-Fh9ignfXzoY/VYJcboG8aAI/AAAAAAAAuYo/K0gRAJt4OC4/s800/message_otsukaresamadesu.png

「お疲れ様」という挨拶が嫌いで仕方ありません。

 

社内のメールにはみんな「お疲れ様です」とか書いていますが、私は書きません。

 

帰るときも「お疲れ様」と言わずに「また明日」、「さようなら」と言います。

 

電話とかに出ても、「お疲れ様」なんて口が裂けても言いません。

 

朝は「おはよう」、昼以降は「こんにちは」です。

 

ひねくれてます、サラリーマン失格ですね。

 

 

とりあえず「お疲れ様」と言っておけばいいというその風潮が嫌いです。

 

それにもまして、「お疲れ様」を毛嫌いするのは、挨拶で「疲れた」なんて言っても一つもいいことないんじゃないか?

 

私の考えがひねくれているのかもしれないのですが、挨拶で「疲れてる」なんて言っていたら疲れていなくても疲れてしまいます。思い込みの力は偉大だし、言語化する力は思っているよりも大きいです。

 

月曜日の朝一から電話かけてきて第一声が「お疲れ様です」なんていうやつがいますが、「馬鹿か!アホか!」と言いたいわけなんですよ。月曜に限らず、朝一の電話くらい「おはよう」って言えないのか?

 

そんなこと面と向かって言えない小心者なんで、「おはよう」って電話で返すんですけどね。

 

「お疲れ!」とか明るく言っても無駄、受け入れられない!

 

***

 

子供とみている『お母さんと一緒』の中で子供たちの描いた絵を紹介するコーナーがあるんですが、そこで絵を整理してくれる人形にお姉さんが「お手紙の整理、いつもお疲れ様!」っていうんですね。

 

「ちがーーーーーうっ!」と思うわけですよ。

 

「お手紙の整理、いつもありがとう!だろ!

 

感謝の心を表すときは素直に「ありがとう」って言え!幼児用番組で「お疲れ様」なんていうな!社会に疲れた心理を蔓延させるな!と、怒り心頭なんですね。

 

※あつこお姉さんは大好きですよ。

 

これからも私は「お疲れ様」という挨拶を拒否し続けます。

【広告】