ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

二日酔いという薬

【広告】

僕を含めた、酒飲みというのは愚かな生き物です。

 

神様は酒ばかり飲んでいる愚か者に、二日酔いという薬を与えました。この二日酔いという薬はてきめんにききます。二日酔いになっている間か、なったその日は「もうお酒は飲みません」と誰もが思います。強く誓います。

 

底なしの頭痛に吐き気、時々本当に吐いちゃったり、そもそもだるくて動きたくない。こういう間は、「もうお酒は飲みません」と誰もが思います、いや、誓います。

 

神様は一つ大事なことを忘れました。人間は忘れる生き物ということです。特に酒飲みという生き物は愚かで忘れっぽい生き物です。

 

飲みすぎて起きた翌朝にはあれほど「もう酒は飲みません」と思い、誓いまでしたのに、その日の夕方には完全復活して「今日はどこに飲みに行こうかなぁ~」と意気揚々としている愚か者ばかりです。

 

神様が作った二日酔いという薬はどうにも不完全だったようで、一過性の効果は抜群ですが、持続性は全くありません。

 

おしまい

【広告】