ちょっと、俺

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

『柔道部物語』という漫画について ②

【スポンサーリンク】

こんにちは。

 

『柔道部物語』という漫画の紹介を簡単に済ませるつもりだったんですが、結構思いれの強い漫画なのと、監督の五十嵐繊維が好きすぎて、なぜか②になりました。

 

www.shinjin85.net

『柔道部物語』という漫画では、三五十五のライバルも味があるし、登場人物も味がある。さすがに全員を紹介するわけにはいかないので、西野だけでも紹介したい。

 

西野新二

 

三五の最大にして最強のライバルの西野です。

 

逸話は枚挙にいとまがありません。

・腕が太すぎて合う柔道着がない

・世界2位の選手に高校生ながら勝利

・持ち上げてひっくり返すという、技ではない技で一本勝ち等

 

僕が一番好きなシーンはこれ ↓

f:id:shinjin85:20170311223427p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

このシーンを見たすべての読者が西野に同意したことでしょう。僕も全くの同感です。

 

西野は顧問の先生に悪態をつくし、日ごろから暴挙を繰り返し、ついに顧問の先生は胃潰瘍になって寝込んでしまいます。そこへお見舞いに行った西野は、西野なりの先生への感謝の気持ちを表します。

 

f:id:shinjin85:20170311223929p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

先生には悪態をつきますが、きちんと感謝をしています。

 

「しかし今の俺にゲロ吐きながらもバカヤロウっていてくれるのは、あんただけだな先生」「そして今まで一番俺を誉めてくれたのもあんただ」

『柔道部物語』 小林まこと

 

口は悪いですが、孤独な西野は鈴木先生に感謝しています。

 

西野は金鷲旗の決勝戦で三五に一本負けをしますが、その前に手をついて背負いをこらえようとしてケガをしてしまいます。

 

心配する鈴木先生に、その気持ちに涙する西野。最終的に和解できたのかわかりませんが、こういう師弟関係もありなのかもしれません。

 

f:id:shinjin85:20170311224826p:plain

f:id:shinjin85:20170311224850p:plain

f:id:shinjin85:20170311225001p:plain

『柔道部物語』 小林まこと

 

 

この、西野の最後の涙にはやられました。こういう、完全無欠な悪役が出す人間らしさっていいですね。

 

***

 

柔道の経験があってもなくても、『柔道部物語』は十分楽しめる漫画です。経験があればもっと楽しいかもしませんが、スポコン漫画にはない「部活漫画」としての面白さがこの漫画にはあります。

 

全部で10巻程度と話も短くて1日で読み切れるので、おすすめします。

 

おしまい

 

 

 

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)

柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)

 

 

【スポンサーリンク】