ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

初めてANAのビジネスクラスに乗った話

【広告】

アメリカ出張も昨日で終わり、無事に帰国しました。

 

僕の勤めている会社では海外出張の時はエコノミークラスしか許されていないのですが、今回はマイルが余っていたのでエコノミークラスからビジネスクラスへアップグレードしての帰国となりました。

 

これまで何度となくアメリカへ行っていますが、ビジネスクラスにアップグレードしたのは初めてでした。人生で初めてのANAビジネスクラスに乗ったので、その感動が冷めないうちにレポートしたいと思います。

 

マイルを使ってアップグレード

 

今回利用した路線は、ANAの羽田ーシカゴ便。

 

往路は残念ながら満席でアップグレードできなかったのですが、復路(シカゴ→羽田)は席に空きがあったのでアップグレードがかないました。羽田ーシカゴのアップグレードに必要なマイルは、28,000マイルです。きちんと28,000マイル私のマイレージから引かれています。

 

f:id:shinjin85:20170304105831p:plain

 

しかし、シカゴと羽田を往復すると20,000マイル近くもらえるので、28,000マイル持ち出したとしても減産されるマイルはそれほどでもありません。

※今は羽田ーシカゴ便キャンペーン中で、申し込めば片道2,000マイルもらえます。それもきいています。

 

搭乗前

アメリカ国内の路線に一本乗るので、シカゴでビジネスクラスのチェックインというわけにはいきませんでした。チェックインはアメリカの片田舎にある小さな空港で普通に行われます。小さな飛行機に乗ってシカゴオヘア空港まで行きます。

 

オヘア空港に到着したら、まずはお土産を買います。

 

妻から高級チョコレートを買ってくるように指令を受けていたので、シカゴ空港にある高級チョコレート店「Vosges」でチョコを買います。「Vosges」はシカゴ空港のANAの搭乗口付近にあるので、アクセスも良いです。

 

第1ターミナルのC10搭乗口付近に店があります。ネットで調べてみたら、第3ターミナルと第5ターミナルにも店があって、第3と第5の店のほうが立派ですね。

 

www.vosgeschocolate.com

お土産を買ったら、ラウンジへ行ってのんびりします。

 

シカゴ空港のラウンジは最近新しくなった、ポラリスラウンジです。

 

f:id:shinjin85:20170304114638j:plain

 

 

ラウンジの中には食事も豊富に用意されています。

 

f:id:shinjin85:20170304115042j:plain

パン

 

f:id:shinjin85:20170304115128j:plain

チーズや生ハムなど

 

f:id:shinjin85:20170304115215j:plain

カプレーゼとなんか

 

f:id:shinjin85:20170304115420j:plain

サラダ

 

f:id:shinjin85:20170304115330j:plain

なんだかよくわからないものたち

 

f:id:shinjin85:20170304115603j:plain

甘いもの

 

f:id:shinjin85:20170304115645j:plain

温かいものもあります

 

f:id:shinjin85:20170304115734j:plain

ビールも何種類か飲めます

左から:ヒューガルデンハイネケン、ギネス

ステラアルトワやサムアダムスなども飲めます。

ウィスキーやカクテルなども飲めます。

 

f:id:shinjin85:20170304120040j:plain

何個か持ってきてみました。

ビールはギネスをチョイス。

 

味は、まぁ、期待できないですね。ギネスビールはとてもおいしかったです。

***

僕はシカゴ空港に来たら、やっぱりフードコートのチャイニーズを食べたほうがいいと思います。昔から食べているなじみの味です。

 

Image may contain: food

油ギトギトのオレンジチキンですが、結構好きです。

食べきれたためしはありません。

***

 

乗り継ぎの待ち時間が6時間くらいあったので、ラウンジでぼけーっとして過ごします。Wifiが無料で使えるのは、海外だとありがたいですね。

f:id:shinjin85:20170304123414j:plain

窓際の席をとったので、ビールを飲みながら飛行機の発着を眺めたり、インターネットをしたりしてのんびり過ごします。しかし、6時間もいるとさすがに飽きてきます。

 

f:id:shinjin85:20170304120246j:plain

トイレは個室でとても広々としていて、快適でした。アメリカのどんなホテルのトイレよりもきれいですね。さすがです。

 

搭乗時間の直前に気づいたんですが、ポラリスラウンジではきちんとした食事も出てくるようです。Prefleight Dinner Serviceとかいう札のある席があり、その席へ着くとメニューを持ってきてもらい、食事ができるような感じでした。

 

次回チャンスがあれば使ってみたいと思います。

 

搭乗時間が近づいてきたので、ゲートに行き飛行機に乗ります。

 

搭乗 ~ 機内

f:id:shinjin85:20170304125324j:plain

初めてビジネスクラスとして飛行機に乗り込みます。ワクワクが止まりません。

 

f:id:shinjin85:20170304125733j:plain

噂のANAスタッガートシートシートです。私は窓際ではなく通路側だったのですが、あまりの嬉しさにさっさと自分の席に座ってしまったので、後ろの席の写真です。

・アメニティー

・枕

・マットレス

・毛布

・スリッパ

綺麗にまとめられておかれています。

 

シートの横幅が十分に広く、エコノミーではきつい私でもゆったり座ることができます。

 

アメニティは使わなかったので、そのまま自宅へ持ち帰り自宅で開封しました。

f:id:shinjin85:20170304130329j:plain

ポーチの中には、アイマスク、耳栓、歯ブラシ、化粧水(?)、リップクリーム、ハンドクリームが入っています。特に用はないので、そのままカバンへ放り込みました。

 

スリッパはペラペラのスリッパなんですが、子供の保育園の用事などでスリッパの持参を求められるので、その時のために取っておきます。スリッパを持って帰るための袋まで用意してくれています。

 

座った瞬間に寝てしまったため、離陸の様子やらなんやらは全然記憶がありません。しばらくして気が付いたら水平飛行になっていて、CAさんが食事を聞きに来ました。

 

食事は2種類(和食と洋食)から選べます。

和食
アミューズ
生ハムメロン
3種のキノコのマリネ シェリーヴィネガー風味
カニ肉とズッキーニのグリル マンゴーとともに

 

お造り
タイの昆布〆 柚子胡椒とともに

小鉢
浅蜊と青梗菜の早煮

炊き合わせ
ロブスター白味噌

主菜
鯖生姜煮(256kcal)

御飯
御飯、味噌汁、香の物

デザート
チョコレートバニラケーキ、またはさつま芋のお饅頭

チーズ フルーツ

 

洋食


アミューズ
生ハムメロン
3種のキノコのマリネ シェリーヴィネガー風味
カニ肉とズッキーニのグリル マンゴーとともに

 

アペタイザー
グラブラックスサーモンとパルマ産生ハム

スープ
コーンスープ

メインディッシュ (下の2種類から選びます)
・牛フィレ肉のステーキ カフェ・ド・パリ・バター風味(319kcal)
・海老のグリル ガーリック風味 トマトケッパーソース(371kcal)

ブレッド
3種のブレッドバターとオリーブオイルとともに

デザート
チョコレートバニラケーキ、またはさつま芋のお饅頭

チーズ フルーツ

 

私は洋食でステーキをチョイス。

 

f:id:shinjin85:20170304132347j:plain

きちんとテーブルクロスを引かれ、まずは食前酒のビールを飲みます。

食前も食中も食後もずーっとビールを飲んでいます。

 

f:id:shinjin85:20170304132537j:plain

食事をしながら『クッキングパパ』を見ます。往路と同じ話でしたが気にしません。

 

f:id:shinjin85:20170304132647j:plain

アミューズが運ばれてきました。

ビールを飲みながらのんびり食べます。

右上のカニ肉とズッキーニのグリルがとてもおいしかったです。

 

アミューズを一通り食べ終えて、もう一杯のビールを飲んでいるとアペタイザーが運ばれてきます。

f:id:shinjin85:20170304132924j:plain

左のほうにあるサーモンと上のほうにあるコーンスープがおいしかったのは覚えています。

 

f:id:shinjin85:20170304133050j:plain

フォークやナイフにも一個一個ANAの刻印が刻まれています。

 

アペタイザーを食べ終わると、メインのステーキが運ばれてきます。

 

f:id:shinjin85:20170304133520j:plain

とてもおいしかったです。焼き加減もミディアムくらいで、肉も主張の強い肉で味の強いソースにも負けていなかったです。

 

f:id:shinjin85:20170304133948j:plain

デザートはCAさんがカートに載せて運んできてくれます。

私はデザートは食べませんでした。

 

腹もいっぱいになったので寝ます。

 

早速フルフラットにして寝てみようと思い、フルフラットにしてみます。

 

フルフラットになった写真はないので、ANAのホームページから写真を拝借します。

 

シートイメージ画像

 出典:www.ana.co.jp

 

身長183センチの私でもしっかり体を伸ばして寝ることができます。ついでに言うと体重は100㎏ありますが、シートの横幅もしっかりしていて非常に快適に眠ることができます。

 

何度も体勢を変えてシートの上でもがき続け、時には通路を歩く人にぶつかられて目覚めるエコノミークラスとは大違いです。快適以外の何物でもありません。

 

何時間か寝て目が覚めたので、映画を見て過ごします。

 

3本ほど映画を見ました。

 

 

 

『ボクの妻と結婚してください』

僕らのごはんは明日で待ってる

『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

と、3作品ほど見ました。

 

レビューは別な機会に。

 

映画を見ていると、なんだかお腹がすいてきたので、軽食を頼むことにします。

 

軽食も豊富に用意されていて、いろいろ選ぶことができます。

 

軽いお食事

・野菜中心メニュー:フンムスの茄子春巻きとクリーミーホミニー

・プルドポークとキャラメルオニオンのサンドウィッチ

ANAオリジナルチキンカレー

 

スープ

・コーンスープ

・茅乃舎 野菜だしスープ

・うかい名物 豆水とうふ

 

麺類

一風堂ラーメン コク極まる味噌 (大地)

・きつねうどん

 

リフレッシュメント

ガーデンサラダ トマトドレッシング

・チーズプレート(エイジドチェダーチーズ、ブリー)

・フルーツ

・バニラアイスクリーム

 

おつまみ

・ミックスナッツ

・ミックスあられ

・フォンダンビスキュイ

・あられ(ベジタリアンハラール認証済み)

 

 豊富に軽食が用意されています。僕が選んだのは一風堂のラーメンです。

 

f:id:shinjin85:20170304140153j:plain

機内が暗いのでうまく撮影できませんでした。

 

フリーズドライと思われる野菜(もやし、コーン、キャベツ)と、乾麺に近い製法で作られたと考えられる麺で構成された、すごい高級なカップ麺という感じの味でした。

 

気圧の関係だと思うのですが、そこまで熱くなかったですね。

 

陸に降りた今になって思うのは、スープとカレーのコンビネーションでもよかったかなと思います。次に乗るときはスープとカレーのコンビネーションにしようと思います。

 

お腹も膨れたので、引き続き映画を見続けます。

 

シートが広々としているので、体制を色々変えながら映画を見られるので体への負担が小さくて乗っていても楽ちんです。

 

しばらくすると、機内の照明がともされ、到着前の食事の時間になります。食事は和食と洋食から選べます。

 

 和食

小鉢
鶏つくね煮

主菜
銀ひらす西京焼き
野菜煮
白御飯
[542kcal]

味噌汁

フルーツ

 

洋食

メインディッシュ
サーモンとほうれん草のラザニア クリーミートマトソース [394kcal]

ブレッド
バターとジャムとともに

フルーツ

 

ここでは和食をチョイス。

 

f:id:shinjin85:20170304141235j:plain

銀ひらすの西京焼きが、本当においしかった。

出張中は味が濃いアメリカ食ばかり食ってきた僕には、やはり和食は落ち着く味ですね。

 

食事が出てきて食べ終わると、機内がざわざわしてきてみんな到着の準備を始めます。

 

パジャマを着ていた人が着替え始めたり、機内で使っていたものを片付け始めたり、靴の紐を結び始めたりします。

 

僕は国際線の飛行機が目的に到着する1時間前くらいからのこのざわざわした感じがなんとなく好きです。

 

僕も到着に合わせて、スリッパから靴に履き替え、時計を日本時間に合わせ、機内で使っていたものを片付け始めます。時計はいつも飛行機に乗ったらすぐに到着地の時間に合わせるのですが、今回は乗った瞬間に寝てしまったので今更合わせます。

 

飛行機は予定より10分遅れの20:40に羽田空港に到着しました。

 

f:id:shinjin85:20170304142525j:plain

もちろん、Priorityタグが付いて出てきます。

 

羽田空港はコンパクトなので、イミグレーションから荷物の受け取りまでがスムーズでとてもいいですね。

 

ちなみに、大田区内在住の僕は空港で21:10頃には税関検査を済ませ、タクシーに乗り、21:30前には自宅に到着していました。着陸してから1時間以内に自宅に帰れるなんて言うのは、電車で2時間以上かかる成田空港では絶対に考えられません。

 

羽田空港は便利ですね。

 

感想

今回僕は生まれて初めてANAビジネスクラスで北米から帰ってきました。これまでは一度だけJALのプレミアムエコノミーでアトランタ→成田、エールフランスのビジネスで成田→パリという経験がありました。成田→パリの時はオーバーブッキングで、運よくビジネスクラスに変えてもらいました。

 

いつもは窮屈なエコノミークラスでもがき苦しんで出張へ行きます。3列とか4列シートの真ん中の席に放り込まれ、隣をでかい外人に囲まれたりするとただの苦行か罰ゲームにしかなりません。ANAビジネスクラスは隣の人と接触することがないので、そんな心配は無用です。

 

体をしっかり伸ばせたり、いろいろな体制になれたりするので、地上に降りた時に体がバキバキになっているということもなく、疲労も少ないです。これならシカゴに朝着の便でその日からちょっとくらい仕事できるかもしれません。

 

足元に荷物入れがあるので、カバンは近くにおけます。それなので、飛行機に乗る前にカバンから必要なものを出して、用意するという必要がありません。必要なものは好きな時に取り出せます。席の横にテーブルがあるので、メガネやヘッドホンなんかも使わないときはそこにおいておけばいいだけです。身の回り品が置けるテーブルがあるのは、本当に楽です。

 

トイレもエコノミーとは分けられているので、トイレに入るのに並ぶ必要もほとんどありません。全席通路へアクセスできるので、いちいち隣の人に気を使う必要も一切ありません。

 

食事もエコノミークラスの食事は配給のような感じでどんどん配られますが、ビジネスクラスは食事が出てきます。ちなみに、日系の航空会社の食事はエコノミーでもおいしいと思います。米系の航空会社の食事はまずくて食べられない場合もあります、マヂで。米系だと酒が有料の時もあるし。僕はどこに行く時でも、できるだけ日系を選ぶようにしています。

 

羽田空港のように小さな空港だと、プライオリティタグの恩恵はあまり感じられないかもしれません。飛行機を降りてからイミグレーションまでの距離が短すぎるので、恩恵を感じられませんが、成田のような大きな空港だと恩恵を感じられるかもしれません。

 

ANAに乗るのなら、やはり成田や羽田のラウンジを使ってみたいと思います。次の出張でもなんとかチャンスに恵まれて、ビジネスクラスへアップグレードしたいと思っています。大体直前に日程が出るので、アップグレードできないんですよね。

 

CAさんも親切に僕の席までわざわざあいさつに来てくれました。それに上着も預かってくれました。感動!

 

欠点があるとするのなら、映画かモニターの解像度が悪くビジネスクラス用の大モニターでは画質が荒くなってみにくくなることですかね。

 

それ以外は、もう二度とエコノミーに乗りたくなくなるくらい快適な旅でした。

 

おしまい

【広告】