ちょっと、俺

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

海外出張の持ち物

【広告】

こんにちは。

 

娘にメガネを取られてぐにゃぐにゃに曲げられてしまいました。なんで子供ってあんなにメガネが好きなんだろうと思います。「メガーッ!」と言って、メガネを奪いに来るのですが、そこまで頑張らないでいいよ。

 

***

 

仕事で年に2~3回海外出張行きます。一番多いのはアメリカ、次いでドイツ、時々中国。

 

そんな私が海外出張に行くときに必ず持っていくものを紹介したいと思います。

 

極論を言えば金(クレジットカード)とパスポートと免許証さえあれば、何とかできます。

 

ありきたりなのではなく、みんな気付きそうで気付かない、あればちょっと便利な細かいものを紹介します。

 

***

 

1.Lanケーブル

 

 

ホテルや出張先のWifiの環境に入れないときが、どうしても時々あるんですよ。そんな時、有線のポートが用意されていれば入れるので、Lanケーブルは必需品です。国にかかわらず、セキュリティーの相性が悪いのかなんなのか、どうしてもWifiに入れないときがあります。

 

僕にネットワークの知識があれば、もっていかないかもしれませんが、とりあえずLanケーブルはいつも持っています。

 

2.爪切り

 

たとえ2~3日の短期の出張でも必ず持っていきます。現地調達すると、恐ろしく切れないのとかを引いちゃうときがあるんですね。日本みたいにどんな爪切りを買っても切れるわけではないんですよ。

 

ちょっと爪が傷ついたりしたときとかも使うので、爪切りはいつも持っていきます。

 

3.綿棒

 

 

耳かきでもいいんだけれど、僕は綿棒派なので、綿棒を持っていきます。

 

海外で買うと芯の部分が妙に柔らかかったり、先っぽの綿の部分が毛羽立っていたり、あんまりいい思い出がないので、これもいつも持っていきます。やっぱり、日本で買うのがいいよ。

 

4.デンタルフロス

 

 

アメリカとドイツへの出張が多いので、肉食なんですよ。和牛のようにとろけない、しっかりした肉が多いので歯に挟まるんですよ。僕は歯に物が挟まったままでいるのに耐えられないタイプの人間なので、デンタルフロスは必ず持っていって、挟まった肉を取り出します。

 

しっかりした肉は大好きですよ。

 

5.スイスナイフ

一番よく使う機能は、栓抜きです。

 

個人的な感覚では、缶ビールがここまで普及しているのって、多分日本くらいだと思います。ビール買って飲もうとしても、「瓶ビールで飲めない!」ということが過去に何度かあったので、スイスナイフを持っていくことにしています。

 

ほかにもはさみとかナイフとか、ちょっとした刃物がついているのもやっぱり便利です。コンパクトだし。

 

***

 

ここに挙げたのはそんなに大きなものではないし、腐るものでもないので、適当なポーチに詰め込んで常にスーツケースの中に放り込んであります。ほかにもばんそうこうとか、テーピングとか、マスクとか、アイマスクとか入ってるんだけれど、そんなのはみんな紹介してるし、「まいっか」と思います。

 

私のスーツケースに常に放り込まれていて、海外出張であってよかったと思うのは、この5個くらいのもんです。

 

終わり

【広告】