ちょっと、俺

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと、俺

日常のちょっとしたこと

英語とインターネット

【スポンサーリンク】

高校時代一念発起して英語を勉強しようと思った。

 

もてるかもしれないというくだらない理由で。

 

その時にとった行動が3つ。

 

・英語の教科書を丸暗記

NHKラジオの英語講座を毎日聞く

・外人のペンフレンドを作って毎日メールで交信

 

今回は外人のペンフレンドについての話。

 

***

 

私がインターネットへのアクセスを手に入れたのは、今から16年くらい前の高校生1年生の時。

 

ブロードバンドが普及し始めて我が家にもISDNが導入され、ネットがつなぎ放題になった時だった。父親からインターネット使用の許可が下りて、メールアドレスを手に入れた。

 

海外のサイト、日本のサイト問わず、片っ端から登録しまくって外人のペンフレンドを増やした。自分からも色々な人に率先して連絡して、ペンフレンドを増やした。

 

ペンフレンドを見つけたサイトで、まだ運営しているサイトもあるし、消滅したサイトもある。大きく成長したサイトもある。

 

ちなみに、英語でペンフレンドはPenpalといい、趣味"Penpaling"ともできる。

 

15年も前のことなので、記憶も定かではないけれど、いろいろな国の人とメールを交換していた。

 

アメリカ、ケニヤ、イギリス、オランダ、スペイン、クロアチア、イタリア、中国、韓国、ポーランド、タイ等、世界中にペンフレンドがいた。覚えていないくらい、ペンフレンドがいた。

 

楽しかった。

 

毎日いろいろなメールが来た(ほとんど覚えてない)。

 

英語が上手な人もいるし、下手な人もいる。

 

下手な人の英語を見ると、「これでいいんだ」と自信になった。

 

何回かメールを交換すると、大体ネタ切れになって、音信不通になる。

 

そんなもんだと思う。

 

通算で100人以上とは交信していたと思う。

 

***

 

何人かとは手紙のやり取りもした。

 

何人かからは誕生日プレゼントをもらったし、何人かには誕生日プレゼントを贈った。

 

何人かは15年くらいたった今でも、時々連絡がある。

 

結婚したとか、子供生まれたとか、そんな連絡。

 

僕も15年の間に高校生→浪人生→大学生→ぷー太郎→就職→結婚→転職→子供の誕生と人生は大きく変わった。

 

何人かには会いにいったし、何人かは会いに来てくれた。

 

何人かはいつの間にか日本語でコミュニケーションできるくらい日本語を勉強していた。

 

今でもいい友達の人もいる。

 

***

 

英語を学んでいく中で経験して、獲得できた、数多いいい経験の一つだ。

 

僕がインターネットを獲得した時、インターネットは世界と連絡を取り合うもっとも簡単な方法だったし、今でもそうだし、多分これからもそう。

 

英語を勉強していく中でいろいろなことがあったし、勉強した結果として色々なことを経験した。

 

その中の、いい経験の一つで、いい思い出の一つだ。

 

おしまい。

【スポンサーリンク】